株式会社コルグより、さらに見やすく、聞き取りやすいメトロノーム「MA-2」が発売(2018年10月下旬)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 52 秒です。

株式会社コルグより、さらに見やすく、聞き取りやすいメトロノーム「MA-2」が発売される。発売時期は2018年10月下旬を予定している。

詳細は以下の通り。


大きく見やすくなったディスプレイ。
MA-2 はディスプレイのサイズが従来モデルに比べ30%大きくなり、より見やすくなりました。ディスプレイ内をデジタルの針が左右に振れ、耳で聴くだけでなく、目でもしっかり拍を確認できます。
三角形のアイコンにより、拍の位置や小節が変わるタイミングがひと目でわかります。

音量がパワーアップ。抜けのいい音で、より分かりやすく。
MA-2 は新設計の電子ブザーを搭載。よりパワフルで、音量の大きな楽器や高音にも埋もれない、聴き取りやすいサウンドを実現しています。

リズム・トレーニングのすべてをカバー。
テンポの設定方法は、機械式メトロノームの数値と同様のペンデュラム・ステップ、テンポを1 ステップ刻みで設定するフル・ステップ、演奏する楽曲に合わせてボタンを押すことによってテンポを設定できるタップ・テンポの3 タイプから選択可能です。また 0~9 の拍子と8 種類のリズムを組み合わせることで、さまざまなタイプの楽曲練習に対応します。

日々の練習に役立つ「タイマー・モード」と「サウンドアウト・モード」も搭載。
MA-2 にはメトロノームだけでなく、毎日の練習に便利な「タイマー・モード」と「サウンドアウト・モード」も搭載しています。これらはMODE ボタンによりワンタッチで切り替えられます。

タイマー・モード
設定時間が経過するとアラーム音が鳴り、メトロノームが停止します。1 分から120 分まで1 分単位で設定できるので、ウォーミング・アップや基礎練習に最適です。

サウンドアウト・モード
本体スピーカーからチューニングのガイドとなる基準音を出力します。基準音はC4~B4 の1 オクターブから選択。A4 の基準周波数(キャリブレーション)も410Hz から480Hz の範囲で、1Hz 単位で設定可能です。

機能性に優れたボディ・デザイン。
折りたたみ式のスタンドにより、見やすい位置で自立させることができます。スライド式の電池蓋は本体部分と一体化した設計で、電池交換の際に蓋を紛失する心配もありません。

最長約400 時間の連続使用が可能。
アルカリ乾電池使用時で約400 時間の連続使用が可能となりました。電池容量が少なくなるとディスプレイに電池マークが表示されるので、交換時期が一目でわかります。長時間の練習でも、心おきなく演奏に集中できます。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア