Wind Band Pressが目指すこと、やりたいこと

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 48 秒です。

こんにちは。Wind Band Press編集長の梅本です。

日頃のご愛顧、心より感謝申し上げます。

 

さて、2016年7月にスタートしたこのサイト、

「吹奏楽・管打楽器の情報サイト Wind Band Press」

ですが、

このサイトの目的などについて、簡単にお話したいと思います。

 

■もっと楽しく、もっと深く音楽と向き合えたかもしれない

私は高等学校から吹奏楽部に入部し、大学でも吹奏楽部に所属していました。

高校ではテューバ、大学ではクラリネットを吹いていました。

ですがあまり熱心に楽器の勉強をするタイプではなく、

演奏会にも行かず、CDも聴かずになんとなくやっていました。

 

大学を卒業し、就職をし、

しばらくしてからまた吹奏楽団でクラリネットを吹く機会がありました。

今度は経済的に余裕もあり、沢山のCDを買いました。

また転職して吹奏楽関係の仕事に就いていたので、クラリネット以外の多くのCDを聴きましたし、

多くの演奏会にも足を運びました。

 

そんな経験をしてみると、今になって思えばですが、

学生当時にもっと色々なプロのCDを聴いたり演奏会に行っていれば、

もっと音楽の奥深さを知ることが出来たでしょうし、

もっと様々なアプローチが出来たと思います。

 

そのため、仕事を通じて、

老いも若きも、もっと広い世界を知って欲しい、

多くの音楽に触れてほしいと願っていました。

 

その後、個人事業主として開業し、その願いを叶えるために

まず最初に始めたのが「Wind Band Press」です。

 

■もっとこの世界を広く知ってもらうために

より多くの情報に興味を持ってもらうきっかけになればいい、

日本にあまり入ってこなくなった海外の情報や作品にも興味を持ってほしい、

狭い世界から飛び出して、制約のない世界を自由に楽しんでほしい、

そんな想いを込めてWind Band Pressをスタートさせました。

今よりももっとこの世界を、ワクワクする、楽しい世界にしたいと考えています。

 

また、Wind Band Pressの運営を続けていく中で、

そして様々な(音楽以外のことも含めて)情報をインプットする中で、

やりたいこと、目指すことは毎日のように増えていきます。

 

当初は吹奏楽や管打楽器の「愛好家のために」という感覚が強かったのですが、

今ではこの吹奏楽やブラスバンド、クラシカルな管打楽器の世界を、

愛好家だけでなく、愛好家ではない方々にも知ってもらいたいと考えています。

彼らにどうやって届けようか、

どうやって興味を持ってもらおうか、

そしてどうやって演奏会に足を運んでもらおうか、

ということを考えています。

 

どんな情報がいつ誰の目に留まるか分かりません。

ぜひ積極的に多くの方から情報提供や広告のご出稿を頂ければ幸いです。

 


Wind Band Press、または運営元のONSAを個人でもご支援いただくことが出来ます。

よろしければ下記ページをご一読ください。

Wind Band Press, or the ONSA of the operation source can be supported individually.

Please read the following page if you do not mind.

日本の方向け(ファンティア)

Click here if you are outside of Japan (Patoreon)

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア