思い出深い普門館 吹奏楽関係者らに舞台の開放が決定 2018年11月5日から11日まで

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 6 秒です。

立正佼成会は8月1日、吹奏楽関係者や経験者らに普門館の舞台を開放するイベント「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」を11月5日から11日まで開催すると発表しました。

これは、普門館の解体工事が12月から始まることを受けて行われるものです。期間中は、これまで普門館を利用してくださった人々、特に「吹奏楽の甲子園」とされた普門館で演奏することを目指してきた吹奏楽関係者、経験者に普門館の舞台を開放。来訪者は大ホールの見学や写真撮影、楽器の持ち込みと音出しなどを通して思い思いの時間を過ごすことができます。本会はプレスリリースを通じて、「特別な思いで利用してくださった方々へ、普門館から感謝の気持ちをお伝えする場にできたらと考えております」とイベントの趣旨を発表しています。

イベント詳細は以下の通り。


【イベント名】普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~

【実施日時】
11月5日~9日 18時~21時(20時半最終入館)
11月10日 14時~21時(20時半最終入館)
11月11日 10時~18時(17時最終入館)

【内容】
普門館の舞台で、大ホールの見学や写真撮影、楽器を持ち込んでの音出しなど、思い思いの時間を過ごすことが可能です
※持ち込む楽器は、持ち歩けるサイズのものに限ります

【参加方法】
入場無料。申し込みの必要はありません。上記開館時間中に受付(普門館西口通用口)にお越しください

【場所】普門館 東京都杉並区和田2の6の1

【アクセス】
地下鉄丸の内線「中野富士見町」から徒歩10分/
地下鉄丸の内線「方南町」から徒歩7分/
京王バス「佼成会聖堂前」から徒歩1分/
都営バス「和田堀橋」または「堀ノ内2丁目」から徒歩3分
※立正佼成会普門館東駐車場(普門館東側の道路の向かい)は利用可能ですが、台数に限りがあるため、なるべく公共交通機関をご利用ください(11日は駐車場利用不可)

【来館に関しての注意事項】
・安全のため、係員の指示に従ってください
・混雑の状況により、お待ち頂く場合や見学時間を制限する場合があります
・楽器は各自でご持参ください。なお、持ち歩けるサイズの楽器に限ります
・大勢の方合同での参加となりますので、大勢で同時に音を出す場合もございます
・舞台上での飲食は禁止
・安全上の理由から、大ホール客席部分への立ち入りは禁止
・トイレの数が限られています。なるべくお済ませの上、ご参加ください
・館内は空調が使用できません。各自で防寒対策をお願いします
・天災の発生等、安全管理に問題がある場合、イベント実行委員会事務局の判断により、見学を中止することがあります

【詳細】特設ページ(立正佼成会サイト)

【問い合わせ】立正佼成会「普門館からありがとう」実行委員会事務局
fumon@kosei-kai.or.jp

【普門館とは】(立正佼成会サイト)

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア