名プレイヤーが多数在籍!シンフォニエッタ静岡 第54回定期公演 ~親子の愛について~(2018/9/16:グランシップ中ホール)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 7 秒です。

知られざる名曲も積極的に紹介する静岡の室内オーケストラ、シンフォニエッタ静岡。メンバーにはフランスで学んだ奏者も多く(パリ音楽院、パリ地方音楽院、エコール・ノルマル音楽院 など)、名プレイヤーが多数在籍している。

第54回定期公演の出演者に関して、公式サイトでは見れない、メンバーの間での注目ポイントは、トランペット杉木淳一朗氏&野沢岳史氏のコンビ。軽やかで伸びやかな音色の杉木氏(1st/東京芸術大学・大学院卒、パリ音楽院首席卒、新日本フィルハーモニー交響楽団)と、それを絶妙のバランスで支え色をつける野沢氏(2nd/国立音楽大学卒、東京交響楽団)。とくにプーランクの「シンフォニエッタ」は「杉木のための作品じゃないかと思うくらいすごくマッチしている!」とメンバーが口をそろえる。

本公演で紹介するフランス近代の作品では管楽器全般的にソロも多く活躍する曲ばかり。室内オーケストラでは(大編成のオーケストラに比べて)管楽器の音色が聴こえやすいので、吹奏楽などで楽器を愛好している皆様にもおすすめです。

フランス音楽ファンの皆様は、ぜひ静岡へ!

公演詳細は以下の通り。


シンフォニエッタ 静岡 第54回定期公演 ~親子の愛について~

日時:2018/9/16(日)第54回定期公演 14時開演

会場:グランシップ中ホール(静岡市)

演目:

シャブリエ:田園組曲より I.牧歌 II.村の踊り

(ドビュッシー没後100年)
ドビュッシー(キャプレ編):子供の領分

マニャール:葬送の歌(日本初演)

ルーセル:バレエ音楽「蜘蛛の饗宴」交響的断章

プーランク:シンフォニエッタ

メンバー:

指揮 中原朋哉

フルート 菅原彩乃 竹下麻美
オーボエ 池田肇 植田明美
クラリネット 竹内未緒 玉井真紀子
ファゴット 神山純 榎本眞理
ホルン 月原義行 山田愛
トランペット 杉木淳一朗 野沢岳史
打楽器 加藤恭子 梅津千恵子
ハープ 山地梨保

ヴァイオリンI 松本亜土 佐々木綾 田辺秀樹 植村圭
ヴァイオリンII 小倉達夫 加藤恵子 越川歩
ヴィオラ 松村早紀 小倉由衣
チェロ 大塚幸穂 田口裕
コントラバス 石川智崇 高橋直人
ステージマネージャー 九谷敏裕

チケット:全席指定
SS 7000円
S 6000円
A 5000円
B 3000円
学生(A,B)1000円 (4歳以上25歳未満の学生・限定数販売)
グループ割引:同一公演の一回券を5枚以上同時にお申込みでSS~A席1枚につき500円割引。
学生券、グループ割引は当楽団事務局のみの扱い。

チケットのお求めはホームページから
お申込みフォーム、ペイパル、電話・FAX・メール、匿名配送などで購入可能。

主催:一般社団法人シンフォニエッタ静岡
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 、静岡県

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア