【フルート】「子どもに楽器を習わせたいけれど、自分に経験がないから、音楽教室の体験レッスンには行きにくい・・・」という親のための単発講座、1月からフルートも開始

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 59 秒です。

親子向け管弦楽コンサートを主催する合同会社グローバルキッズ(所在地:東京都板橋区、代表:下坪久美子)は、2017年10月に楽器未経験の親子向けにバイオリンの単発講座「はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】」を考案し、これまでに首都圏各地で5回開催しました。2018年1月27日(土)にはフルートの単発講座「はじめてのフルート・レッスン【特別編】」を足立区から開始します。

「はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】」、「はじめてのフルート・レッスン【特別編】」は、いずれも1回60分の単発講座です。

一般に音楽教室の体験レッスンは楽器を習う子どもに向けて行われます。しかし楽器の経験がない親にとって大きな関心はレッスンの雰囲気や内容よりも、予算、レッスン以外の拘束時間、子どもの関心の程度など、「習うかどうか」を判断するための項目であり、体験レッスンに参加してもこれらの疑問は解消されません。

このミスマッチを解消するために考案されたのが、単発講座でした。楽器の習い事の相談で最も多いのがバイオリンとフルートだったため、2017年10月にバイオリンの講座をスタートさせ、2018年1月27日には足立区でフルートの講座を開催します。

講座では子どもが楽器に関心を持てるよう親子で一緒に楽器を扱いますが、楽器の仕組みや道具についての座学は大人向けの内容で進行します。楽器店や音楽教室では当たり前すぎて話題にもならないような豆知識が座学の主な内容ですが、この豆知識こそが楽器未経験の親にとっては貴重な判断材料となっています。講座後半の演奏体験は、子供が演奏の楽しさを体験するのみならず、家庭で必要となる練習と親の役割をイメージする機会でもあります。

<単発講座3つの特長>
1:購入・契約を判断すべき親が楽器やレッスンについて知識を得ることを重視している
2:実際の楽器を使って体験しながらの講座なので、子どもも楽器やレッスンに興味を持てる
3:営業や勧誘の煩わしさがない

<料金>
受講者1名:3000円~4000円(バイオリン) 4800円(フルート)

単発講座の概要はこちら

 

(画像:バイオリン講座で、弓を手に取って演奏に必要な準備を体験している様子)

【単発講座が考案された背景】

同社の親子コンサートでは演奏の後に楽器体験できる時間があり、この時間を利用して「子どもに楽器を習わせたいけど、親に経験がないと、いきなり音楽教室の体験レッスンは行きにくい」という相談が多数寄せられていました。この消費者の悩みが単発講座を考案するきっかけになりました。

【これまでの動向と、今後の予定】

バイオリン講座の初回開催月2017年10月には、2歳から小学6年生までの子ども達と家族が約70名参加しました。1回60分で完結する講座は気軽に参加できるため、習い事を始める準備として受講するほか、子どもの楽器への関心を見極める機会として消費者に広がりはじめています。

当初楽器を習わせる予定がなかった親が「ぜひ子どもにバイオリンを習わせてあげたい」と考えを固めたり、「できるだけ早く子どもにバイオリンを始めさせたい」と考えていた親が「今の年齢では無理だけど楽器を丁寧に扱えるようになったら習わせてあげたい」と考え方を軌道修正するなど、それぞれの習い事計画を具体的に検討し始める様子が受講後のアンケートからも伺えます。

初回2017年10月から18年1月までにバイオリンの単発講座を5回開催し、2018年1月27日にはフルートの講座を開始します。同社では2月以降も、江東区、板橋区など首都圏各地に講座を拡大する予定です。

<2018年2月以降の開催予定>
3/17(土)川崎市高津区 すくらむ21 「はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】」(参加受付中)
3/24(日)江東区 ティアラこうとう 「はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】」(参加受付中)
4/7(土) 板橋区 板橋区文化会館 「はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】」(近日公開)
4/29(日)江東区 ティアラこうとう 「はじめてのフルート・レッスン【特別編】」(近日公開)
(以降、順次公開)

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア