NAXOSレーベルより、イマヌエル・デイヴィス(フルート)のCD「カプースチン:フルートのための室内楽作品全集」が発売(2018/1/25)

NAXOSレーベルより、イマヌエル・デイヴィス(フルート)のCD「カプースチン:フルートのための室内楽作品全集」が発売される。

詳細は以下の通り。


▼国内販売元(ナクソス・ジャパン株式会社)より

アメリカのフルート奏者イマヌエル・ディヴィスが最近注目しているのがロシアの作曲家カプースチン。普段からデイヴィス自身がジャズの演奏にも力を入れていることもあり、カプースチンが書く「クラシック=ジャズ」のボーダーレスの音楽はデイヴィスにとって非常に魅力的なのだそうです。優れたピアニストであるカプースチンだけに、独特な筆致によるピアノ曲が広く知られていますが、チェロやフルートを用いた室内楽作品でもジャズのイディオムが効果的に用いられており、洗練されたフレーズと躍動的なリズムに支えられた魅力的な音楽が展開されていきます。「オスカー・ピーターソンから強い影響を受けた」と語るカプースチンですが、作品からはスクリャービンや他のロシア作品からの影響も感じられるなど、様々な“聴く楽しみ”が提示された、世界初録音を含む1枚です。

品番:8.579024
発売日:2018/1/25
メーカー:NAXOS
国内販売元:ナクソス・ジャパン株式会社

演奏:
イマヌエル・デイヴィス(フルート)

アダム・キェンツェル(フルート)…5-7
ピトナリー・シン(チェロ)…5-7.9-11
ケーテ・ヤルカ(チェロ)…8
ティモシー・ラヴレース(ピアノ)…1-7.9-11

収録内容:

フルート・ソナタ Op.125(2004)
1.第1楽章:Allegretto
2.第2楽章:Andantino grazioso
3.第3楽章:Scherzo
4.第4楽章:Allegretto

ディベルティスマン Op.91(1998)2本のフルート、チェロとピアノのための
5.前奏曲:Andantino
6.フーガ:Allegro moderato
7.フィナーレ:Allegro

8.小二重奏曲 Op.156(2014)フルートとチェロのための※世界初録音

三重奏曲 Op.86(1998)フルート、チェロとピアノのための
9.第1楽章:Allegro molto
10.第2楽章:Andante
11.第3楽章:Allegro giocoso

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア