定番のブラームス!クラリネット奏者パブロ・バラガンのCD「ブラームス:クラリネット・ソナタ全集と三重奏曲」が発売

IBS CLASSICAL(販売元はナクソス・ジャパン)からクラリネット奏者パブロ・バラガンのCD「ブラームス:クラリネット・ソナタ全集と三重奏曲」が発売される。

若いころからオーケストラと室内楽アンサンブルに親しみ、数多くのコンクールで入賞、現在はソリストとして活躍し、オーケストラの共演や室内楽の演奏を重ねているクラリネット奏者パブロ・バラガン。

クラリネット奏者にとっては定番のブラームスのソナタ1番2番を収録。

詳細は以下の通り。


▼ナクソス・ジャパンより

4歳でピアノを始め、ソプラノ・サクソフォンに親しんだ後、クラリネットの音色に魅了されたというバラガン。若いころからオーケストラと室内楽アンサンブルに親しみ、数多くのコンクールで入賞、現在はソリストとして活躍し、オーケストラの共演や室内楽の演奏を重ねています。このアルバムでは以前から共演を重ねているピアニスト、ファン・ペレス・フロリスタンとともにブラームスが晩年に作曲した2曲のクラリネット・ソナタを演奏。極めて親密、かつバランスの良い知的な音楽を奏でています。三重奏曲には1994年生まれの若きチェリスト、イオニタ・アンドレイが参加。伸びやかなチェロの音色と悠々泰然としたクラリネットの対話、これを彩るピアノ。三者三様の思いがぶつかる情熱的なブラームスが生まれました。

品番:IBS82018
発売日:2018/12/26
メーカー:IBS CLASSICAL

演奏:
パブロ・バラガン(クラリネット)…1-11
ファン・ペレス・フロリスタン(ピアノ)…1-11
アンドレイ・イオニータ(チェロ)…8-11

収録内容:

1-4.クラリネット・ソナタ 第1番 ヘ短調 Op.120-1
5-7.クラリネット・ソナタ 第2番 変ホ長調 Op.120-2
8-11.クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア