グランシップ管楽器セレクション シェレンベルガーとカメラータ・ザルツブルクの仲間たち(11/23:グランシップ)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 6 秒です。

shere01

オーボエ界の大御所、ハンスイェルク・シェレンベルガーが、静岡のために特別に編成されたオーストリアの名門「カメラータ・ザルツブルク」の精鋭メンバーを率いてグランシップに登場!
モーツァルトの故郷からお届けする名曲の数々をお楽しみください。


【出演】
ハンスイェルク・シェレンベルガー(オーボエ)
カメラータ・ザルツブルクの仲間たち(管楽器)
特別ゲスト:荒木奏美(オーボエ)*

【曲目】
モーツァルト ディヴェルティメント変ホ長調K.252
グノー 小交響曲
ベートーヴェン 2つのオーボエとイングリッシュホルンのための三重奏曲 ハ長調 作品87*
モーツァルト セレナード ハ短調「ナハトムジーク」K.388


日時:2016年11月23日(水・祝) 14:00開演

会場:中ホール・大地

全席指定

料金:S席4,100円、A席3,100円、こども・学生1,000円

プレイガイド:
グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000

主催:公益財団法人静岡県文化財団・静岡県
後援:静岡県教育委員会・静岡市教育委員会
協力:Sony Music Foudation(公益財団法人ソニー音楽財団)

お問い合せ:グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000

車椅子をご利用の方へ:
車椅子でご来場の方は、公演前日までにご連絡ください

託児サービスをご希望の方へ:
ボランティアスタッフによる無料託児サービスをご希望の方は公演1週間前までにご連絡ください(TEL:054-203-5714)
2歳以上の未就学児に限ります。


ハンスイェルク・シェレンベルガー(Hansjörg Schellenberger)

1948年生まれ。大変な音楽好きの両親の元で育ち、早くから音楽に強い興味を持った。13歳からオーボエを始め、その後、ミュンヘンとデトモルトにおいてオーボエ、指揮法、そして数学を勉強。ミュンヘンのARDコンクール(1972)を含む主要な音楽コンクールで入賞後、1971年にケルン放響のオーボエ奏者となり、1975年から1980年まで同団のソロ・オーボエ奏者を務める。1977年からカラヤン指揮ベルリン・フィルにエキストラとして参加するようになり、1980年1月から2001年夏までベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者を務める。退団後は、指揮者、ソリストの仕事を中心に活躍している。
これまでにソリストとして、カラヤン、ジュリーニ、アッバード、ムーティ、レヴァインなどの著名な指揮者と共演。室内楽奏者としては、アンサンブル・ウィーン=ベルリンを中心に多彩な活動を展開。また、1991年にはハイドン・アンサンブル・ベルリンを設立、芸術監督を務めた。


▼関連商品
ハンスイェルク・シェレンベルガーのCDをAmazonで探す

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア