Golden Hearts Publications情報:イラン出身の作曲家アミル・モルックポーア氏と契約、吹奏楽作品の販売を開始いたしました

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 44 秒です。

この度、ONSAの楽譜出版事業「Golden Hearts Publications」において、イラン出身の作曲家アミル・モルックポーア氏と契約し、氏が自費出版を始めた吹奏楽作品の日本での印刷・販売代行を開始いたしました。

■アミル・モルックポーア氏について

アミル・モルックポーア氏(Amir Molookpour)は、9歳で伝統的なペルシャ音楽を学び始め、数年後、独学で西洋音楽を学び始めました。1994年から、イラン国歌の作曲家であるハッサン・リアイの特別講義を受けています。1995年からは、作曲家・編曲家として交響楽団と室内オーケストラのためのいくつかの作品を制作しています。彼の最初の交響曲「Tabarestan Symphony」は、1999年にイラン国営ラジオの最高の作品の一つとして選出されています。2001年には、作曲家としてイラン・ラジオ交響楽団との仕事を続けながらパヴィア大学(クレモナ)で音楽学を学ぶためにイタリアに移りました。吹奏楽作品には4つの「ペルシャの踊り」、「ザラスシュトラの地」などがあり、ベルギーのHafabra Musicから出版されています。「Tabarestan Symphony(吹奏楽版)」は、2013年の第29回コルチャーノ作曲コンクールでファイナリスト作品の1つとして選出されました。現在はドイツに居住しています。

今回ONSA/Golden Hearts Publicationsを通じて日本で販売される作品は、彼自身が自費出版を始めた最近の作品、「天からのこだま(Nachklange aus dem Himmel)」「ボレリーノ(Bolerino)」「コーカサスの印象(Impressions of Caucasus)」の3作品。いずれもモルックポーア氏独特の個性があふれる作品ながら、難易度も高くなく、日本の多くの吹奏楽部、吹奏楽団にも自信をもって推薦できる作品です。

大判フルスコアのみ、スコア+パート譜のセット、ポケットスコア、追加パート譜の4形態で販売されます。

■お取り扱い

各作品はGolden Hearts Publications Online Store、およびONSAが運営するオンラインセレクトショップ「WBP Plus!」で購入が可能です。

Golden Hearts Publications Online Store

WBP Plus!

 

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア