サクソフォーン奏者の上野耕平氏が第28回出光音楽賞を受賞!

「出光音楽賞」は出光興産株式会社主催の音楽賞で、主にクラシックの音楽活動を対象に、育成という観点から意欲、素質、将来性などに重きを置き、新進の音楽家を顕彰してまいりました。

選考の結果、第28回「出光音楽賞」受賞者3名が決定いたしました。また、受賞者にはそれぞれ賞状ならびに賞金300万円が贈られます。

受賞者は下記のとおりです(五十音順/敬称略、 年齢は2017年12月31日現在)。


■上野 耕平( うえの こうへい : サクソフォン/25歳 )

1992年7月10日生。 茨城県東海村出身。
8歳から吹奏楽部でサクソフォンを始め、 東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。

指揮者山田和樹氏には「耕平は、 1音を聴いただけで、 ただ者ではないと思った!」と、 また、 ボストンポップスオーケストラの音楽監督であり指揮者であるKeith Lockhartには「サクソフォンのこんな音を聴いた事がない。 目が飛び出るほど驚いた!」と言わしめた。

2011年第28回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門において、 史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。 2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、 第2位を受賞。 現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。

また、 スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、 ソリストとして出場し、 世界の大御所たちから大喝采を浴びた。

2016年のB→C公演では、 全曲無伴奏で挑戦し高評価を得ている。

常に新たなプログラムにも挑戦し、 サクソフォンの可能性を最大限に伝えている。

現在、 国内若手アーティストの中でもトップの位置をしめ演奏活動のみならず「題名のない音楽会」、 「報道ステーション」等メディアへの出演や、 サックスカルテット「The Rev Saxophone Quartet」、 吹奏楽「ぱんだウインドオーケストラ」のコンサートマスターとしても活躍中。 昭和音楽大学非常勤講師。

CDデビューは2014年「アドルフに告ぐ」、 2015年にはコンサートマスターを務めるぱんだウインドオーケストラを、 2017年にはThe Rev Saxophone QuartetのデビューCDをリリース。 2017年12月には3枚目のソロアルバム無伴奏バッハ「BREATH」をリリース。


■岡本 侑也 ( おかもと ゆうや : チェロ/23歳 )

2017年エリザベート王妃国際音楽コンクールのチェロ部門において、 堂々の第2位とイザイ賞を受賞。

リサイタル、 室内楽、 そしてオーケストラとの共演とすでに第一線での演奏活動を展開し、 「大器を予感させる才能」と今世界が最も注目する1994年10月22日東京生まれのチェリスト。

2004年ドイツ音楽協会主催青少年音楽コンクールバイエルン州地域部門で第1位、 併せてバイエルン放送局特別賞を受賞すると、 2008年には泉の森ジュニア・チェロ・コンクール中学生の部で金賞、 2009年第2回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクールin八王子では急遽設けられた「審査員奨励賞」を相次いで受賞。 2010年には若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」と小澤征爾音楽塾オーケストラに参加して経験を積み、 12月には八王子音楽祭にて初の本格的リサイタルを開催。

2月にチェロ・コングレス・イン・ジャパンオープニングコンサートでバッハ無伴奏組曲を 演奏した2011年秋、 第80回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、 併せて増沢賞・黒柳賞・徳永賞・岩谷賞(聴衆賞)を受賞。

NHK-FMリサイタル・ノヴァ、 霧島国際音楽祭スペシャル・ガラ・コンサート、 都民芸術フ ェスティバル室内楽・シリーズ、 高関健指揮新日本フィルハーモニー交響楽団「新・クラシックへの扉」(2014年7月)、 紀尾井ホール「紀尾井 明日への扉」(2014年7月)、 サントリーホール「成人の日」コンサート(2015年1月)、 小山実稚恵さんとのデュオ(2015年8月、 2016年9月)、 プラハでの“国際音楽祭ヤング・プラハ”への出演(2015年9月)、 王子ホールの“MAROワールド”(2016年1月・9月、 2017年10月)、 尾高忠明指揮東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(2016年6月)、 ユベール・スダーン指揮仙台フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会(2017年1月)、 ステファヌ・ドゥネーヴ指揮ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団(2017年6月)、 飯森範親指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団定期演奏会(2017年10月)、 東京オペラシティB→C(2018年1月)、 NHKららら♪クラシックの収録などのほか、 これまでに読売日本交響楽団、 アンサンブルofトウキョウ、 セントラル愛知交響楽団、 東京都交響楽団、 日本フィルハーモニー交響楽団、 バート・ライヒェンハル管弦楽団、 アントワープ交響楽団、 ワロニー王立室内管弦楽団などと共演。 2018年は高関健指揮名古屋フィルハーモニー交響楽団(3月)、 東京・春・音楽祭(4月)、 オーギュスタン・デュメイ指揮関西フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会(5月)、 阪哲朗指揮山形交響楽団定期演奏会(9月)、 小林研一郎指揮東京都交響楽団(10月)などに出演予定。

(公財)江副記念財団第42回奨学生。 (公財)ロームミュージックファンデーション2013年 度、 2014年度奨学生。 第25回(2014年度)新日鉄住金音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。

H=J.ゼーフルート、 山崎伸子、 W=S.ヤンの各氏に師事。 W.ベッチャー、 M.ペレーニ、 N.グートマン、 G.リヴィニウス、 J=P.マインツ、 堤剛各氏のマスタークラスを受講。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、 東京藝術大学音楽学部を経て、 ドイツ・ミュンヘン音楽大学を首席で卒業。 現在はミュンヘン音楽大学大学院でユリアン・シュテッケル氏に師事。


■辻 彩奈 (つじ あやな : ヴァイオリン/20歳)

1997年岐阜県生まれ。

2016年、 18歳にてモントリオール国際音楽コンクール優勝、 併せて5つの特別賞(バッハ賞、 パガニーニ賞、 カナダ人作品賞、 ソナタ賞、 セミファイナルベストリサイタル賞)を受賞。 3歳よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始め、 10歳時にスズキテンチルドレンに選ばれ、 東京、 名古屋、 松本にて独奏を実施。 2009年には全日本学生音楽コンクール小学校の部にて全国第1位、 東儀賞、 兎束賞を受賞。 2013年日本音楽コンクール第2位、 2015年ソウル国際音楽コンクール第2位(最高位)その他国内外のコンクールで優勝や入賞の実績を持つ。

11歳にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演後、 多くの国内外のオーケストラと共演。 これまでに、 モントリオール交響楽団、 チェコフィルハーモニー室内合奏団、 セジョン・ソロイスツ(韓国)、 シュトゥットガルトゾリステン、 チェコ国立室内管弦楽団パルドビツェ、 東京交響楽団、 東京フィルハーモニー交響楽団、 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団、 横浜シンフォニエッタ、 中部フィルハーモニー交響楽団、 オーケストラ・アンサンブル金沢、 セントラル愛知交響楽団、 大阪フィルハーモニー交響楽団、 日本センチュリー交響楽団、 大阪交響楽団などと共演している。 また室内楽においては、 12歳にて初リサイタルを行って以降、 宗次ホール、 サラマンカホール、 紀尾井ホールにてリサイタルを実施。 チェロの堤剛、 ピアノの江口玲、 伊藤恵の各氏らとの共演を行っている。

2017年に岐阜県芸術文化奨励受賞。 現在東京音楽大学に特別特待奨学生として在学中。 これまでに小林健次、 矢口十詩子、 中澤きみ子、 小栗まち絵、 原田幸一郎の各氏に師事。 使用楽器は、 NPO法人イエローエンジェルより貸与されているJoannes Baptista Guadagnini 1748である。 2018年には、 モントリオール国際音楽コンクールの模様を収録したメジャー・デビューCDをワーナークラシックス初のセンター契約第一弾アーティストとしてリリース。 2018-2019シーズンには、 ズービン・メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団との共演(シベリウス:ヴァイオリン協奏曲)を予定している。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア