【吹奏楽】本場、上海帰りの吹奏楽団による「炒飯の掟」!上海ブラスバンド日本支部 第3回演奏会(2018/2/17:江東区文化センター)

先ほど投稿した記事「気になる!世界の吹奏楽事情~中国・上海編~」にご協力頂いた「上海ブラスバンド日本支部」の演奏会が開催されます。

上海から帰国した皆さんによる「炒飯の掟」、どんな演奏になるのでしょうか。

ぜひお立ち寄りください。

公演詳細は以下の通り。


日時:2018/2/17(土)16時開演(15時30分開場)

会場:江東区文化センター

入場無料
※定員になりましたら入場をお断りさせていただく場合がございます。

演目:
ジュビローソ(フィリップ・スパーク)

風紋(保科洋)

エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)

ハリウッド万歳(岩井直溥編)

シング・シング・シング(プリマ)

炒飯の掟(福島弘和)

オペラ座の怪人(アンドリュー・ロイド・ウェバー)
ほか

主催:上海ブラスバンド日本支部

お問い合わせ:
sbbjp.info@gmail.com


上海ブラスバンド日本支部について

上海ブラスバンド日本支部は、上海ブラスバンドから帰国した団員による集まりです。上海ブラスのほとんどの人が数年で帰国、または中国の他の都市や他の国へと引っ越して行きます。最初は日本に帰国した団員で集まり飲み会などをしていましたが、また皆で演奏したいという想いが募り、日本でも合奏を楽しむようになりました。関東への帰国者が一番多いので、定期的な合奏は東京のみで行っていますが、東海・関西・北陸でも合宿練習を行っています。2016年には東京で日本支部第一回演奏会を開催。全国・世界各地に散らばる上海ブラスOBOG団員約60名が東京に集い、演奏会を開催しました。懐かしい顔もいれば、初めましての人もいますが、同じ上海ブラスで演奏したことのある者同士すぐに打ち解け、昔からの仲間のように意気投合し、まるで上海で演奏しているかのような演奏会となりました。今年も第3回演奏会を2月17日(土)16時開演で、東京都江東区文化センターにて開催します。(入場無料) 東京から上海に想いを馳せ、熱い演奏を奏でますので、ぜひ聴きにいらして下さい。

上海ブラスバンド日本支部facebookページはこちら

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア