【チューバ】チューバ愛好家よ集え!エイステイン・ボーツヴィック テューバリサイタル(2018/3/4:東京文化会館)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 43 秒です。

ノルウェー生まれの世界的ソリスト、エイステイン・ボーツヴィック(Oystein Baadsvik)。

3/3には芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミーと共演をしますが、翌日の3/4にはソロリサイタルが行われます。

公演詳細は以下の通り。


日時:2018年3月4日(日)19:00

会場 : 東京文化会館 小ホール

[全席自由]
一般 ¥5,500
高校・大学生 ¥3,500
小・中学生 ¥1,000
※未就学児の同伴・ご入場はご遠慮ください。
※日本ユーフォニアム・テューバ協会会員は各500円引き。プロアルテムジケのみお取り扱い。

【その他取り扱いプレイガイド】
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:33211)
イープラス
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
※上記プレイガイドの発売開始は1月18日(木)となります。

[Program]

・アリルド・プラウ:弦楽とテューバのための協奏曲(1990)

・アンドレア・クリアフィールド:「ハヴァティ」テューバとピアノのために(2016)

・エドヴァルド・グリーグ(ボーツヴィック編曲):
ある夢 作品48より
アニトラの踊り ペールギュントより
ノルウェー舞曲第1番 作品35

・ゴードン・ジェイコブ:テューバと弦楽のための組曲(1972)

・エーレンド・スコムスヴォル:シンプルソング 独奏テューバとピアノ版(2015)

・アストル・ピアソラ(シヴェレフ/ボーツヴィック編曲):オブリヴィオン

・J.S. バッハ(ボーツヴィック編曲):フルートソナタ 変ホ長調 BWV1031

協賛:株式会社グローバル、株式会社セントラル楽器

後援:ノルウェー大使館、日本ユーフォニアム・テューバ協会

主催・お問い合わせ: プロ アルテ ムジケ
03-3943-6677

 


【プロフィール】

エイステイン・ボーツヴィックは、オーケストラのテューバ奏者、指導者としてよりもむしろ、ソリストとして独自の道を切り開く唯一無二のテューバの名手である。ソリスト、室内楽奏者、講義やレコーディングなど彼の多彩な活動は世界中に知れわたり、パイオニアとして、その独特の妙技と音楽性でテューバという楽器の地位を確立した。

1966年ノルウェー生まれ。15歳でテューバを始め、スウェーデン王立音楽院で学んだ後、インディアナ大学音楽学部で高名なハーベイ・フィリップスに、シカゴ交響楽団で40年以上にわたり首席奏者として君臨した伝説的なテューバ奏者、アーノルド・ジェイコブスのもとで研鑽を積んだ。そして1991年、ジュネーヴ国際音楽コンクール・テューバ部門で2つの賞を授与された時から彼の国際的なキャリアが始まった。

これまでにオスロ・フィルハーモニー管弦楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、国立台湾交響楽団、フィルハーモニー・オーケストラ・シンガポール、メルボルン交響楽団、スイスロマンド管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団などのメジャー・オーケストラと共演するほか、世界各地の有名ホールで演奏しており、2006年にはカーネギーホールでデビューを飾った。また、ボーツヴィックのマスタークラスやクリニックも絶大な人気を誇り、ジュリアード音楽院、インディアナ大学、クリーヴランド音楽院、ライス大学シェパード音楽学校、ウィスコンシン大学などに招かれている。演奏活動は多岐にわたり、ソロやオーケストラ作品にとどまらずジャズやロックの分野にもおよぶ。ロック・ミュージシャンらとコラボレーションなどは彼の多様な活動のひとつの特徴をなしている。

テューバという楽器の多角的な可能性を追い求める中で、アメリカ、ロシア、スウェーデン、ノルウェー、スイスの作曲家に積極的に新作を委嘱。これまでに約40もの独奏曲を初演した。近年では多くのテューバ作品が、より新たな技術を必要としていることから、技術開拓にも心血を注ぐ。1999年、これらの功績が認められ、ノルウェー国家より2年間の奨学金を授与された。

レコーディングにも精力的で、BISレーベルをはじめとする多数のCDは各方面から惜しみない賛辞を受けている。直近の2年間における日本の管楽器CD市場において、つねにトップクラスの販売数を誇り、その躍進はとどまるところを知らない。

主な彼に対する批評として、英紙デイリーテレグラフは、“レコーディングでの彼の感情豊かな才能は、耳を引きつける風格ある音とともに、これまで受けていた不当な評価からテューバを解放した。ヴァイオリンで成し得ることをテューバでもやってみせた”と述べ、ポーランドの音楽誌ルフ・ムジチニ(音楽の動向)は、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズのテューバ協奏曲の演奏に対し“多くのピアニストやヴァイオリニストは、彼のもとでテューバを少なくとも1年間は学ぶべきだ。必ずや理想のフレージングを身につけられるだろう”。さらに、作曲家ジョン・ウィリアムズをして、“私のコンチェルトにおけるボーツヴィックの演奏は、私が意図する望みをはるかに超えたものだった”と言わしめた。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア