ヘンデル「聖セシリアの日のための頌歌」ほか:オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)2019年5月の新譜リリース紹介

 

オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)から2019年5月月の新譜レターが届きましたのでご紹介します。

バトン・ミュージックについてはこちらの記事もぜひご一読ください。

オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)のご紹介

「常にオリジナルの作品をリスペクトしてください」 オランダの出版社、バトン・ミュージック(Baton Music)インタビュー

詳細は作品名をクリック。

ウィーンの朝、昼、晩:フランツ・フォン・スッペ(編曲:ホセ・ハビエル・バスコイ)
EIN MORGEN, EIN MITTAG UND EIN ABEND IN WIEN | Franz von Suppe
Symphonic Band | arr. Jose Javier Bascoy

聖セシリアの日のための頌歌:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(編曲:アンドレアス・ファンズーレン)
ODE FOR ST. CECILIA’S DAY | Georg Friedrich Handel
Symphonic Band | arr. Andreas van Zoelen

夕べの歌:ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガー(編曲:マッテオ・フィルミ)
ABENDLIED | Joseph Rheinberger
Saxophone Quintet | arr. Matteo Firmi

今日キリストが生まれた:ジョヴァンニ・ガブリエリ(編曲:アンドレ・ボディン)
HODIE CHRISTUS NATUS EST | Giovanni Gabrielli
Brass Ensemble | arr. Andre Bodin

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア