スペインの作曲家ハビエル・ペレス・ガリード氏(Javier Perez Garrido)の「Halloween Suite, Op.57」が国際吹奏楽作曲賞「Vila de Muro」を受賞

吹奏楽のためのシンフォニック・ミュージックの最も権威ある作曲コンテストの1つである「Vila de Muro」国際作曲コンテストにおいて作曲家で指揮者のハビエル・ペレス・ガリード氏(Javier Perez Garrido)の「Halloween Suite, Op.57」が作曲賞を受賞した。

第6回(前回)の同賞ではヨハン・デメイ氏(Johan de Meij)の「Fifty Shades of E」が受賞している。

Laszlo Marosi、バルト・ピクール(Bart Picqueur)、Xavier Pages Corellaといった重要な作曲家や指揮者からなる審査員は、世界中から寄せられたすべての作品の質の高さを強調したうえで、満場一致でペレス・ガリード氏に賞を授与した。

「Unio Musical de Muro」と指揮者のラファエル・ガルシア・ビダルによる優勝作品の初演を含む授賞式は、スペインのアリカンテで2019年1月に開催される。

“Halloween Suite, Op.57″は、5つの楽章に分かれた、交響的で叙述的な吹奏楽作品。

ペレス・ガリード氏の作品は氏のウェブサイトから世界中に向けて販売されている。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア