バルト・ピクール(Bart Picqueur)を覚えていますか?彼の近況まとめ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 23 秒です。

bart-p

日本では「交響曲第0番(Symphony No.0)」「ガリア戦記(De Bello Gallico)」「地獄の踊り(Danzas Del Infierno)」などで知られるベルギーの作曲家バルト・ピクール(Bart Picqueur)。

最近とんと情報を見かけないな~という感じでしたが、彼はデ・ハスケのグループを離れ、2015年に自分の出版社「Minor Scale Music」を立ち上げました。

そのため、日本にはあまり情報が入ってこない状態になっています。

最新作ではないのですが最新の録音として、「Jeu de cartes」という作品を教えて頂いたので、簡単に紹介しましょう。

「Jeu de cartes」はサクソフォーン・カルテットと吹奏楽のための作品で、バンドのグレードは4-5ですがカルテットはプロレベルが要求されます。

こちらのページで聴くことが出来ます。

その他の作品もいくつかMinor Scale Musicのサイトで聴くことが出来ます。

You Tubeにアップされている作品もあるので少し見てみましょう。

Hope

Histoires Landaises

I piatti di mama Agnese

Suite Classique: l’as 2 pique




Ros Beyaerd Saga


Semper Plus Ultra

Fanfares festives sur les fantasmes fantomatiques de monsieur Maurice

いかがでしたでしょうか?ピクールは変わらず面白い作品をどんどん作ってくれています。

待っていても日本には情報があまり入ってこないので、ぜひMinor Scale Musicのサイトをチェックしてみましょう。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア