2018年に来日予定!ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)の首席クラリネット奏者アンドリュー・マリナー氏(Andrew Marriner)の最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分 53 秒です。

Photo by Benjamin Ealovega

 

 

ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)の首席クラリネット奏者、アンドリュー・マリナー氏(Andrew Marriner)から最新情報が届きましたのでご紹介します。

現在マリナー氏はロンドン交響楽団の仕事で多忙を極めているそうです、ウェブサイトは更新がストップしていてサイトからは最新情報を得ることが難しいのですが、直接ご連絡を頂きました。

まず、マリナー氏はサイモン・ラトル氏(Simon Rattle)のピアノと彼の妻であるマグダレーナ・コジェナー(Magdalena Kozena、メゾ・ソプラノ歌手)による室内楽のCDのレコーディングに参加する予定です。

また、来年にはロンドン交響楽団とサイモン・ラトル氏とともに来日予定!さらに日本ではマスタークラスとダダリオ社(D’Addario)のリードのデモンストレーションも予定されているとのことです。

クラリネット奏者なら是非行きたいですねマスタークラス・・・。

以上が現在のところのマリナー氏の最新情報となります。

特に来年の来日が楽しみですね!

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア