【動画あり】シンガポールの作曲家ジンジュン・リー氏(Jinjun Lee)の最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 42 秒です。

Photo by: Teerapol Kiatthaveepong

※12/27:性がLee、名がJinjunだったので記事を一部修正しています。

先日「Dances in Flight」世界初演の動画に関してお伝えしたシンガポールの作曲家ジンジュン・リー氏(Jinjun Lee)。

氏からその他の最新情報が届きましたのでご紹介します。

まずはバイオグラフィーから。


ジンジュン・リー氏(Jinjun Lee)はシンガポールの作曲家、演奏家。

シンガポールの作曲家協会の一員として、彼の作品は有名な作曲家ヨハン・デメイ(Johan de Meij)、アルヴィン・アルムガム(Alvin Arumugam)、アドリアン・タン(Adrian Tan)によって指揮され、シンガポール・ウィンド・シンフォニー(Singapore Wind Symphony)、シンガポール経営大学シンフォニア(Singapore Management University Symphonia)、ラッフルズ・ウィンズ(Raffles Winds)によって演奏されています。

最近、彼の作品「What Does the Future Hold?」は2014年ワールド・プロジェクト・作曲コンクール(World Projects Composition Contest)で第1位の賞を受賞し、2015年ロサンゼルス国際音楽祭(Los Angeles International Music Festival)の一環として、リバーサイド・シティ・カレッジ・ウィンド・アンサンブル(Riverside City College Wind Ensemble)がウォルト・ディズニー・コンサートホールで初演しました。

ナショナル・デーの祝賀コンサートの一環として、シンガポール・ウィンド・シンフォニーのために委嘱を受け”Sing!”を作曲しました。

彼のトランペット・ソロのショーピース「Variations on Chan Mali Chan」は、2014年にトランペット奏者のジョー・バーグステイラー(Joe Burgstaller)によって初演されています。

「The Straits Times」は、「アーバンの『ヴェニスの謝肉祭』へのローカル・アンサー」と称賛されました。それ以来、シンガポールと中国、アメリカ、ベルギー、ドイツ、スペインなど世界中の多くの国々でユーフォニアム版が世界的なユーフォニアム奏者スティーヴン・ミード(Steven Mead)によって演奏されてきました。

彼はまた、ディック・リー(Dick Lee)、シュン・ウン(Shun Ng)、ジェレミー・モンテイロ(Jeremy Monteiro)などシンガポールの主要音楽家による音楽を含むシンフォニック・バンドのための編曲も行っています。

吹奏楽のための作品のほかに、室内楽作品も積極的に作曲しています。

トロンボーン四重奏のための「Sea Stars」は、シンガポール・ローブラス・フェスティバル2015(Singapore Low Brass Festival 2015)の一環として、トロンボーン・ソサエティ(the Trombone Society)(シンガポール)に演奏されました。

エスプラネード・シアター・オブ・ザ・ベイ(Esplanade – Theatres by the Bay)で発表された一連の公式リサイタル「クール・クラシック」では、トランペット、トロンボーン、ピアノのための「4つのダンス」も演奏されました。

ソロ・ユーフォニアムと金管六重奏のための「ユーフォニアム協奏曲(Concertino for Euphonium)」はスティーヴン・ミードの最新アルバム「Dream Times」に収録されました。

彼はまた、シンガポール・ウィンド・シンフォニーが主催するヤング・コンポーザー・チャレンジの指導者としての役割も果たしています。

また、Naval Base Secondary Symphonic Bandの学生のために作曲コースを行い、結果、彼ら学生自身の作品は学校の創立60周年を祝うためにバンドで演奏されるためのものとなりました。

彼は現在王立北部音楽大学(Royal Northern College of Music)の生徒であり、アダム・ゴーブ(Adam Gorb)とポール・パターソン(Paul Patterson)に師事しています。

作曲以外にも、オーケストラ・オブ・ミュージック・メーカーズ(Orchestra of the Music Makers:OMM)、ウィンドスターズ・アンサンブル(Windstars Ensemble)、フィルハーモニック・ウィンズ(Philharmonic Winds)、B5ブラス・クインテット(B5 Brass Quintet)など、多数のグループのトランペット奏者として活躍しており、有名なチェルトナム音楽祭(Cheltenham Festival)にOMMのメンバーとして参加しています。

奨学金を得てYong Siew Toh Conservatoryでシンガポール交響楽団(Singapore Symphony Orchestra)の首席トランペット奏者であるジョン・ダンテ(John Dante)のもとでトランペットを学びました。


バイオグラフィーは以上。

続いて最新の情報です。

今のところ大きなイベントはないそうですが、2017年2月にマンチェスターの王立北部音楽大学(Royal Northern College of Music)で吹奏楽作品の初演があるそうです。

氏の作品は1作品のみWorld Projects Publicationsから出版されていますが、残りはすべて自費出版。

2016年6月には、「March Right Foot First」という日本の行進曲のパロディーを作って、シンガポールのAnglo-Chinese Junior College Symphonic Bandで初演され、その後日本で2回演奏されているそうです。

まだまだこれからが楽しみな作曲家ですので、注目していきましょう!


動画がいくつかあったのでご紹介しておきます。

Variations on Chan Mali Chan, Variation 3

Dances in Flight(別記事でも紹介したもの)

Going Home

What Does the Future Hold

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア