世界初演連発!武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会(2018/12/11:東京芸術劇場 コンサートホール)

レイ・クレーマー氏指揮、武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルの演奏会(定期公演)が開催される。

今回はトランペットにニューヨーク・フィルハーモニック首席のクリストファー・マーティン氏を迎え、ジュリー・ジルー氏の協奏曲の世界初演のほか、ケヴィン・ヴァルチック氏、ピーター・ミーチャン氏の作品も世界初演される。

公演詳細は下記の通り。

日時:2018/12/11(火)5:30p.m.ロビー開場6:30p.m.開演

会場:東京芸術劇場 コンサートホール

入場料:1,500円(全席指定)*未就学児の入場はご遠慮ください。

指揮:レイ・E.クレーマー

トランペット独奏:クリストファー・マーティン(ニューヨーク・フィルハーモニック首席)

プログラム:

ヴァルチック:プロトン(世界初演)

ミーチャン:岸辺に打ち寄せる波(世界初演)

ジルー:《タブー》-トランペットとウィンドアンサンブルのための-(世界初演)

主催:武蔵野音楽大学

問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア