ウィーン・フィル首席ファゴット奏者ソフィー・ダルティガロング ファゴット・リサイタル(2019/3/10:愛知県 宗次ホール)

ウィーン・フィル首席ファゴット奏者のソフィー・ダルティガロング氏(Sophie Dartigalongue)が来日し、リサイタルを開催する。

公演詳細は以下の通り。


■ソフィー・ダルティガロング ファゴット・リサイタル

日時:3月10日(日) 開演14:00(13:30開場)

会場:宗次ホール

共演:沢木良子(ピアノ)

入場料:[全席指定] 一般 ¥3,500
学生 ¥2,100
チャリティシート ¥3,850
ハーフ60 (後半当日券) ¥2,100
※未就学児童入場不可。

チケット・お問合せ:
宗次ホールチケットセンター
052-265-1718

主催:宗次ホール

プログラム:
ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ 第7番 RV44
J.S.バッハ:無伴奏フルート・パルティータBWV1013
テレマン:ファゴット・ソナタ TWV41:fl
タンスマン:ファゴットとピアノのためのソナチネ
デュティユー:サラバンドと葬送
ビッチュ:バスーンとピアノのためのコンチェルティーノ
サン=サーンス:バスーンとピアノのためのソナタ op.168

ソフィー・ダルティガロング プロフィール:

1991年フランス生まれ。ギターとクラリネットを学んだ後、2003年からファゴットを始めた。リヨン国立高等音楽院を卒業後、カラヤン・アカデミーでダニエル・ダミアーノに師事。2012年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・コントラファゴット奏者に就任。2015年からはウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ファゴット奏者に就任。

2013年、ミュンヘン国際音楽コンクールで2位(1位該当無し)を受賞する他、クルーセル国際コンクール, 第1回ムリ国際コンクール(スイス), 国際アウディ・モーツァルト・コンクール、国際アカデミーオーボエ・ファゴットコンクール, ウッジ(ポーランド),国際ダブルリード協会フェルナン・ジレ=ヒューゴ・フォックスコンクール、若きアーティストのためのコンクール(バスーン)などでも入賞。2015年ボンでベートーヴェン・リング・アワードも受賞した。

ソリストとしては、バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、ミュンヘン放送管弦楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団などと共演する。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア