ブライアン・バルメイジズ(Brian Balmages)がタウソン大学(ボルティモア)の吹奏楽・管弦楽のアシスタント・ディレクターに就任 その他今後の初演など近況まとめ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 4 秒です。

Balmages_1

日本でも人気の作曲家ブライアン・バルメイジズ(Brian Balmages)が、メリーランド州ボルティモアにあるタウソン大学の、吹奏楽・管弦楽のアシスタント・ディレクターに就任した。これにより同大学の吹奏楽団、管弦楽団、両方の指揮者も務めることとなった。

また今後の初演情報としては、2016年9月にマウンテン・ヴュー・ハイ・スクール・ウィンド・アンサンブル(アリゾナ州)によってグレード5の作品「Fiesta de los toros」が、また2016年12月のミッドウェストクリニックにおいてthe Artie Henry Middle School Honors Bandによってグレード3の作品「Swirling Prisms」が初演される。

2016年の最新の出版状況としては下記の作品がFJHより出版されている。各ページからMP3がダウンロード出来るので、ファンは要チェック。

Spirit of the Stallion

The Tears of Arizona

Lullaby to the Moon

Synthesis

Legend of the Drop Bear

Grace

Shrine of the Fallen

Shadow Waltzes

 

また、コアなファン向けだが、最新のインタビュー動画が公開されている(8/26公開)。動くバルメイジズを見たい方は必見です。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア