グールド、シューマン、クレストンなど:アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」Episode438は「アメリカ独立記念日」特集

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 51 秒です。

アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」。

Episode438は「A Self-Evident Truth」と題した「アメリカ独立記念日」特集。アメリカ独立宣言のうちの有名な一節、

“We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness.”

が音楽に与えた影響を祝した内容となっています。

7/4はアメリカの独立記念日ですのでそれに合わせた感じですね。

内容は以下の通り。

Wind & Rhythmは週1回の番組で、インターネットでも聴けるので吹奏楽ファンはぜひチェックしておこう。(こちらから過去の回も聴けます

今回のプログラム視聴はこちらの再生ボタンをクリック。

Fanfare for Freedom
Morton Gould
UNLV Wind Orchestra, Thomas Leslie

American Hymn
William Schuman
Keystone Wind Ensemble, Jack Stamp

Overture & March, “1776”
Charles Ives
US Marine Band, Colonel Timothy Foley

American Overture for Band
Joseph Wilcox Jenkins
US Army Field Band, Colonel Finley R. Hamilton

Celebration Overture
Paul Creston
US Air Force Band, Colonel Lowell Graham

American Faces
David Holsinger
US Navy Band, Commander Ralph Gambone

Variations on an American Cavalry Song
Donald Grantham
North Texas Wind Symphony, Eugene Migliaro Corporon

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る