「それは私がコンテストのステージで抱いた最高の瞬間のひとつだった」 ユーフォニアム奏者グレン・ヴァンローイ氏(Glenn Van Looy)インタビュー

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分 6 秒です。

これまでに数々の賞を受賞し、ブラスバンドだけでなくソロ奏者としても活躍しているベルギーのユーフォニアム奏者グレン・ヴァンローイ氏(Glenn Van Looy)にインタビューさせていただきました。

こちらの記事も合わせてどうぞ:ユーフォニアム界のニュー・スター、グレン・ヴァンローイ(Glenn Van Looy)の近況まとめ

また、原文の英語も日本語版の後に併記しますので、英語で直接読みたい方はそちらでお楽しみ頂けます。

※誤訳等ございましたらこちらのフォームからお知らせいただければ幸いです。


1. ユーフォニアム奏者になろうと思ったきっかけを教えてください。

12歳の頃から本当に自分がユーフォニアム奏者になりたいと思っていることを分かっていました。

私の両親は私の2つの趣味、音楽、体操のうち1つを選ばせました…そして幸運なことに私は音楽を選びました。

私の父は指揮者であり、私はリハーサルに行って友達を作り、ユーフォニアムを演奏した友人の隣に座ることに決めました。それがすべての始まりです。

私はその楽器が演奏できる音と歌に恋に落ちたのです。

2. 特に気に入っているユーフォニアム曲はありますか?

私はユーフォニアムのために書かれた作品のほとんどが好きです。

私のためにいくつかのソロを書いている素晴らしい作曲家の友人がいることはとても幸運です。

私はトム・ダヴォレンの作品が本当に好きですし、私の2枚目のCDに収録されている3つの協奏曲も好きです。

私の21歳の誕生日に私の両親からプレゼントされたスティーヴン・フェルヘルストの「Once upon a time」、ポール・マクギーの「Kjeden」、そしてスタン・ニウウェンハウスの「Uphill」です。

しかし未だに私は「パントマイム」やホロヴィッツの「ユーフォニアム協奏曲」、スパークの「ユーフォニアム協奏曲第1番」など伝統的な作品の大ファンでもあります!

3. ユーフォニアム奏者として人生のターニングポイントとなったのはいつだと思いますか?

ターニングポイントの1つは、私が参加した多くのコンペティションにあると思います。

オーストラリアで優勝した後の年やヨーロピアン・ブラスバンド選手権のソロコンテストの後の年、ブリティッシュ・オープン・ソロ選手権の最年少優勝者になった後のほうが需要が高かったですね。

私はそれが今私がやっていることを可能にしてくれたものだと思います。

4. 10代の頃からソリストとして活躍し、これまで数多くの賞を受賞し、数多くのバンドと共演をしていますが、最も印象深いエピソードがあれば教えてください。

私にとって2つの意義深い出来事は、一度私が上に挙げたものです。

ブリティッシュ・オープンで優勝したことは素晴らしかった。

私はマンチェスターで私の友人と私の父と一緒にいて、そこでの優勝は夢が叶ったようなものでした。

また、私はブラスバンドの水準と文化の面で常にイギリスに目を向けました。

しかし、2011年にリンツで行われたヨーロピアン・ブラスバンド選手権のソロ・コンテストで、最高のことが起こったのかもしれません。

私はファイナリストの一人で、彼らが発表した後、私は家に帰って家族に電話しました。私の父は幸せのあまり、車に飛び乗り一晩中運転して、翌日には私の決勝を見るためにわざわざやって来たのです。

優勝した後、私は公衆の中を走って彼に大きなハグをしました。それは私がコンテストのステージで抱いた最高の瞬間のひとつだったと思います。

5. 日本の若いユーフォニアム奏者にアドバイスをお願いします。

日本はユーフォニアム奏者の大きな未来と文化を持っていると思います。

本当のスター達がいます。

私はいつも熱烈な水準に圧倒されます。

努力を続け、何よりも練習を楽しんでください。また、ちょっとしたヒントがあります:自分のサウンドを探して、それが最高の気分になるようにしてください!

6.日本のファンにメッセージをお願いします。

私の音楽を聴いて、ソーシャルメディアで私をフォローしてくれている全て日本のユーフォニアム奏者と音楽家に感謝したいです。

それは私にとって大変に意味のあることで、世界中の友人から話を聞くのは幸せなことです。

あなた方がしていることを続け、素晴らしい国と素晴らしい音楽を楽しんでください! もう一度日本に来て、あなた方に会いたいと願っています!

 


インタビュー・翻訳:梅本周平(Wind Band Press)


 

1. Why did you thought want to become a euphonium player?

I knew I wanted to be a euphonium player since my 12 years old really. My parents made me chose between my two hobbies, music and gymnastiques… And luckily I chose music. My dad was a conductor and I went along to rehearsals and made some friends, and decide to sit next to a friend who happened to play the euphonium, that’s how it all started. I fell in love with the sound and the songs the instrument can play.

2. Are there euphonium works that you particularly like?

I like most of the music that’s written. I’m very lucky that I have some great friends who are composers and who write me some solo’s. I really like Tom Davorens compositions and I also like the three concerto’s that are on my second CD. Once upon a time by Steven Verhelst, which was a present from my parents for my 21st birthday, Kjeden by Paul McGhee and Uphill by Stan Nieuwenhuis.
But I’m still a great fan of the ‘oldschool’ euphonium solo’s like Pantomime, Horovitz and the first Sparke concerto too!

3. When do you think it was the turning point of life as an euphonium player?

I think one of the turning points where the many competitions I’ve done. I was in demand after being the youngest winner of the British Open solo championships and than the year after winning in Australia and also the solo contest of the European Brass Band Championships. I think that’s what made me do the things I’m doing now.

4. You have been active as a soloist since your teens, have won numerous awards, and have performed with numerous bands and orchestras. Please tell me if you have the most impressive episodes.

The two mean things for me are the once I named above. Winning the british open was amazing. I had my friends and my dad with me in Manchester and winning there was like a dream coming true. Also cause I always looked up to the UK in terms of the brass band standard and culture. But maybe the nicest thing happened at the solocontest of the European brass band championships in Linz in 2011. I was one of the finalists and after they announced it I called my family back home and my dad was so happy that he jumped in the car, drove all night and came all the way to watch and listen to me in the finals the next day. After winning it I ran in the public and gave him a big hug, that was one of the nicest moments I had on the contest stage I think.
5. Please advise the young euphonium player in Japan.

I think Japan has got a great future and culture of euphoniumplayers. There are some real stars of there. I’m always overwhelmed by the standard when I come over and of the enthousiasme. Keep working hard and most of all, keep enjoying to practice.and maybe another little tip is: search for your own sound, that way it’ll feel the best!

6. Please give your message to your Japanese fans.

I’d like to thank all Japanese euphonium players and musicians that listen to me and follow me on the social media. It means a lot to me and I’m always happy to hear from friends I’ve made from all over the world. Keep doing what you do and keep enjoying your wonderful country and wonderful music you have! Hope to be in Japan soon again and meet you all again!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

No Responses