【動画あり】シンガポールの作曲家ベンジャミン・ヨー氏(Benjamin Yeo)最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 9 秒です。

すでに日本でもそれなりにおなじみかもしれませんが、シンガポールの作曲家ベンジャミン・ヨー氏(Benjamin Yeo)から最新情報が届きましたのでご紹介します。

まずは簡単なバイオグラフィーから。


ベンジャミン・ヨー氏(Benjamin Yeo)は1985年生まれのシンガポールの作曲家。特に吹奏楽オリジナル作品で世界的に知られています。

彼は7歳で音楽教育を始め、後に中等学校と短大でトランペットを演奏しました。 地元のバンドシーンで非常に活躍しており、多くのゲスト出演も行っています。

バンド愛好家として、ベンジャミンは15歳で吹奏楽のための音楽の作曲と編曲を始めました。

彼の作品は、以来、地元のコンサートや海外のコンサートでも演奏されており、また、地元で開催されるブラス/コンサートバンドのためのシンガポール青少年祭芸術(Singapore Youth Festival Arts Presentation)や、世界中の様々なコンクール/フェスティバルにリストされています。

彼の作品の大部分は、C.L. Barnhouseや、Beriato Musicから出版されています。

2007年、彼のデビュー作品「Beyond the Highlands」は、ミッドウェスト・クリニックの「New Band Music Reading List」に選ばれました。

最近では、「Winds of Niagara」がダラス・ウィンド・シンフォニー・ファンファーレ・コンペティションで優勝し、2017年3月に初演される予定です。


続いて最新情報です。

シンガポールのバンド指導者協会から委嘱された「City of Dreams」の初演が2016年11月27日に行われました。この作品はまだ出版されていません。

また、昨年5月にアメリカで初演された「竹田の子守唄(TAKEDA LULLABY)」がC.L.バーンハウスから出版されます。2017年のカタログになるそうで、2017年8月に一般に公開される(買えるようになる)のではないか、とのことです。

比較的最近では「赤壁(Red Hill)」などの作品も好評のようですので、いくつか動画と音源を紹介しましょう。


REDHILL

Future of Tomorrow

CHOPSUEY!

Jubilance

SYMPHONIC PRELUDE

PLAYDAY!

BACH TO THE BEAT!

LEGEND OF THE ANCIENT HERO

AS THE MOON WHISPERS

FLIGHT

AT THE BREAK OF GONDWANA

VOYAGE TO THE END OF THE EARTH

PHOENIX OVERTURE

BEYOND THE HIGHLANDS

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア