CD「ウイングス」リリース記念!渡辺克也 オーボエリサイタル(2018/8/4:三次市民ホールきりり サロンホール)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 31 秒です。

新CD「ウイングス」をリリースしたオーボエ奏者の渡辺克也がリサイタルを行う。

公演詳細は以下の通り。


日時:2018/8/4(土) 18:00開場 18:30開演

会場;三次市民ホールきりり サロンホール
入場料;一般3000円(当日3500円) 高校生以下1500円

出演者;渡辺克也(オーボエ) 井出徳彦(ピアノ)

演奏作品
ドビュッシー;夢
シューベルト;セレナーデ
武満徹;翼
服部良一;蘇州夜曲
ベアンハルト・クルーセル;ディヴェルティメント C-Dur Op.9 他

チケット販売;
〈三次市〉
・三次市民ホール きりり
・三次市役所本庁総合案内所
・三次市立図書館本館
・サングリーン
・CCプラザ
〈広島市〉
・エディオン本店(サンモール1F)

お問い合わせ先;
三次音楽家協会 080-8243-1540 miyoshi-m-a@excite.co.jp
三次市民ホールきりり 0824-62-2222 9:00-17:00(水曜定休)

主催;三次音楽家協会 (株)暮らしサポートみよし
後援;三次市 三次市教育委員会 三次ケーブルビジョン 中国新聞社


・オーボエ 渡辺克也
東京藝術大学卒業。在学中に新日本フィルに入団。90年日本管打楽器コンクール・オーボエ部門で優勝し大賞も受賞。91年よりドイツに渡り、ヴッパータール響、カールスルーエ州立歌劇場管、ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場管の首席奏者を歴任し、現在はソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルクの首席奏者を務める。ソリストとしてもこれまでハンガリー放送響、ザグレブ・フィル、スロヴァキア・フィル、都響、神奈川フィル、群響、名古屋フィル、日本フィル他と共演。2010年秋より2013年3月まで、産経新聞にて「渡辺克也のベルリン音楽旅行」を連載。現在「ウェブ平凡」にて「オーボエ吹きの休日 ベルリン音楽だより」好評連載中。2011年、第28回日本管打楽器コンクール・オーボエ部門の審査委員長を務める。洗足学園音楽大学客員教授を務めている。ベルリン在住。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア