インターネットでいつでも聴けます!アメリカの吹奏楽ラジオ番組「Wind & Rhythm」Episode480は「メモリアライズ」特集

アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」。

Wind & Rhythmは週1回の主に吹奏楽の音源を放送する番組で、インターネットでいつでも聴けるので吹奏楽ファン・クラシック音楽ファンはぜひチェックを。(サイトで過去の回も聴けます)

Episode480は「Memorialize」と題した特集。Memorializeとは「思い出させる」とか「記念碑」とかそんな意味合いがあります。アメリカの戦没将兵追悼記念日が今年は5/28なので、それに合わせての放送かと思われます。

サイトの解説によると、

音楽は、私たちが困難な感情を扱うための助けが必要な時に自分自身を表現するチャンスを与えます。 それは私たちの心に生と死に関連するすべての感情に直面する場所を与えます。 音楽がなければ、戦争の場面での死の重大さを扱うことは、ほとんど考えるには重すぎます。 そして、戦争のような活動が戦場の状況を模倣するとき、私たちが対処するために強力な音楽が助けになります。

私たちが祝う休日には特定の範囲があります。 Decoration Dayは戦没将兵追悼記念日になり、戦場で死亡した戦闘の英雄たちに敬意を表します。 私たちは彼らの犠牲を返済することはできませんが、私たちはそれらを尊重することに勤勉です。 彼らが義務と責任について私たちに伝えることができれば、私たちは尺度を超えて謙虚になるでしょう。 私たちのプログラムのほとんどは、このエピソードで彼らを賞賛しますが、すべてではありません。

とのことです。

今回の放送内容は以下の通り。視聴はこちらから

Inchon
Robert W. Smith
US Coast Guard Band, Commander Lewis J. Buckley

Symphonic Requiem, Op. 135
James Barnes
US Army Concert Band, Colonel Thomas H. Palmatier

Grant Them Eternal Rest
Andrew Boysen, Jr.
University of Texas at El Paso Wind Symphony,
​  Ron Hufstader

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア