ウェーバー「アンダンテとハンガリー風ロンド」ほか:オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)2018年5月の新譜リリース紹介

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 19 秒です。

オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)から2018年5月の新譜レターが届きましたのでご紹介します。

バトン・ミュージックについてはこちらの記事もぜひご一読ください。

オランダのバトン・ミュージック(Baton Music)のご紹介

「常にオリジナルの作品をリスペクトしてください」 オランダの出版社、バトン・ミュージック(Baton Music)インタビュー

詳細は作品名をクリック。


アンダンテとハンガリー風ロンド:カール・マリア・フォン・ウェーバー(編曲:ヨス・ファンデブラーク)
Andante e Rondo Ungarese | von Weber
Bassoon and Symphonic Band | arr. Jos van de Braak

パロマの前夜祭:トマス・ブレトン(編曲:マルティン・ホルヘ)
La Verbena de la Paloma. Preludio | Tomas Breton
Symphonic Band | arr. Martin Jorge

スペイン風喜遊曲:チャールズ・マーティン・レフラー(編曲:アンドレアス・ファンズーレン)
Divertissement Espagnol | Charles M. Loeffler
Alto Saxophone and Symphonic Band | arr. Andreas van Zoelen

おお主よ、私は祈りの道を:ジョージ・ガーシュウィン(編曲:ヘンク・ファンデヴェイヤー)
Oh Lawd, I’m on my way | George Gershwin
Bass-Baritone, Choir and Symphonic Band | arr. Henk van de Weijer

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア