ゲストにユーフォニアム奏者のデヴィッド・チャイルズ!グレッグスンの協奏曲を初演!洗足学園音楽大学ブリティッシュブラス第47回定期演奏会(2018/6/16:前田ホール)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 31 秒です。

ゲストにユーフォニアム奏者のデヴィッド・チャイルズを迎え、洗足学園音楽大学ブリティッシュブラス第47回定期演奏会が開催される。

目玉はイギリスの重鎮、エドワード・グレッグスンによるユーフォニアム協奏曲の世界初演!

また今回の公演はブラスバンド(吹奏楽とは違う編成)の世界をより楽しめる仕掛けとなっており、「基本編成によるブラスバンドのオリジナル作品」「中編成によるサウンドの違い」「大編成によるマスバンドの響きの魅力」の三部構成となっている。

ブラスバンド・ファンには、指揮のロバート・チャイルズ、ゲスト奏者のデヴィッド・チャイルズの親子共演が日本で(しかも格安で)見られるのもポイント。

ぜひ「ブラスバンドって何だ?」というお友達を連れて、またはお友達同士で、足を運んでみて下さい。

ブラスバンドのことを知らなくても、デヴィッド・チャイルズのユーフォニアムを聴けるというだけでお釣りが来ます!

公演詳細は以下の通り。


日時:2018/6/16(土) 開場:18:00 開演:18:30

会場:前田ホール

入場料:一般 :1000円

指揮:
ロバート・チャイルズ
山本武雄

ユーフォニアム:
デヴィッド・チャイルズ

プログラム

第一部:基本編成によるブラスバンドのオリジナル作品(指揮:ロバート・チャイルズ)

E.グレッグスン/コンチェルトグロッソ
E.グレッグスン(世界初演)/ユーフォニアムコンチェルト
ソロイスト:デヴィッド・チャイルズ(ユーフォニアム)

第二部:中編成によるサウンドの違い(指揮:山本 武雄)

G.リチャーズ/トレイルブレイズ
E.ボール/シンフォニエッタ
E.グレッグスン/ダンスアンドアリア

第三部:大編成によるマスバンドの響きの魅力(指揮:ロバート・チャイルズ)

P.グレイアム/果敢に突き進め
G.ウッド/サロメ
M.ジョンストン/行進曲「パラティン伯領」

お問い合わせ:
洗足学園音楽大学
TEL 044-856-2713 平日10:00-17:00

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア