アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」Episode473は「Risen(キリストの復活)」特集

アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」。

Episode473は「Risen」と題した「キリストの復活」特集。

ミルウォーキーで、マルケット大学のキャンパスにいる間、私は私に大きな印象を与えた像を発見しました。

2002年に捧げられたこの像は、ミシガン湖での競争で競り合って死んだリチャード・ウェバーを追悼したものです。

彫刻家のノーマン・クリスチャンソンは、明らかに釘で穿孔された彼の手を伸ばして、彼の体から螺旋状に出てくる聖骸布をまとったキリストのイメージを使用しました。

処刑の3日後のイエスの復活の主題は、長年にわたり多くの芸術家を魅了しました。

とのことです。

内容は以下の通り。

Wind & Rhythmは週1回の番組で、インターネットでも聴けるので吹奏楽ファンはぜひチェックしておこう。(過去の回も聴けます)

今回のプログラム視聴はこちらから。
(これまでの埋め込みがうまく動作しなくなったのでリンクに切り替えています)

Le Chant De La Resurrection
Charles Koechlin
Denver Brass, Lowell Graham

The Sleep of the Immortal One
Clark McAlister
Avatar Brass Ensemble, Lowell Graham

Declamation on a Hymn Tune
Jack Stamp
Avatar Brass Ensemble, Lowell Graham

Lord of All Hopefulness
Kenneth Downie
Grimethorpe Colliery Band, Phillip McCann

Lauds (Praise High Day)
Nelson, Ron/Ron Nelson
Dallas Wind Symphony, Jerry Junkin

Gloria In Excelsis Deo
Kevin Kaska
Hollywood Epic Brass, Kevin Kaska

O Jesus Christ, mein Leben’s Licht
“Chorale from Cantata No.118”

Johan Sebastian Bach
Monarch Brass, Apo Hsu

Glorified
David Gillingham
Messiah College Wind Ensemble, Bradley Genevro

Praise the Lord with Drums and Cymbals
Sigfrid Karg-Elert
Dallas Wind Symphony, Frederick Fennell

Salvation is Created
Pavel Tschesnokoff
St. Olaf Band, Timothy Mahr

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア