【打楽器】NHK交響楽団の竹島悟史氏の演奏をランチタイムに!ちょっとお昼にクラシック 竹島悟史 ~心を打つ、体に響くパーカッション!~(2018/2/1:水戸芸術館 コンサートホールATM)

ランチタイムに気軽にお楽しみいただけるコンサートとして人気の「ちょっとお昼にクラシック」。

今回は、次代に語り継がれる名演を繰り広げている小澤征爾館長と水戸室内管弦楽団のベートーヴェンの交響曲シリーズに、ティンパニ奏者として出演を重ねている才人、竹島悟史が登場します。

共演は、竹島と同じNHK交響楽団に所属し、昨秋までミュンヘンで更なる研鑚を積んだ俊英チェロ奏者の市寛也、アンサンブルのピアノ奏者としても竹島をはじめ多くの演奏家たちから信頼を集める森浩司。

プログラムは、マリンバを中心とした打楽器の魅力をたっぷりとお楽しみいただけるパーカッション・アレンジが為された名曲たちが集められています。

公演詳細は以下の通り。


ちょっとお昼にクラシック
竹島悟史 ~心を打つ、体に響くパーカッション!~

日時:2018年2月1日(木) 13:00開場・13:30開演

会場:水戸芸術館 コンサートホールATM

出演:竹島悟史(マリンバほか、パーカッション)
市寛也(チェロ)
森浩司(ピアノ)

曲目:
ハチャトゥリャン:剣の舞
モンティ:チャールダッシュ
サン=サーンス:〈動物の謝肉祭〉より“白鳥”
ほか

料金:全席指定/1,500円(1ドリンク付き)

チケットの取り扱い
水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンター
e+(イープラス)

※このコンサートは、同時期に開催の水戸市内の中学1年生が参加する「中学生のための音楽鑑賞会」と同じプログラム、出演者でお届けするものです。

お問い合わせ:水戸芸術館チケット予約センター
TEL. 029-231-8000 (営業時間 9:30~18:00/月曜休館)

公演詳細はこちらから

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア