九州初上陸!鹿児島市制130周年記念。ドラゴンクエストコンサートin鹿児島 開催決定! (2020/2/9:鹿児島市民文化ホール)

マエストロ、 海老原光氏とOsaka Shion Wind Orchestraトランペット奏者、 新穂優子。 鹿児島出身の両者が、 人気沸騰中のドラゴンクエストコンサートで地元に電撃凱旋!
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラの熱いサウンドであの感動が蘇ります。

<指揮:海老原 光 プロフィール>
1974年鹿児島生まれ。 鹿児島ラ・サール中学校・高等学校、 東京芸術大学を卒業、 同大学院修了。 その後ハンガリー国立歌劇場にて研鑽を積む。 2007年ロブロ・フォン・マタチッチ国際指揮者コンクールで第3位入賞。 2010年から2015年9月まで東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団アソシエイト・コンダクターを務める。
指揮を小林研一郎、 高階正光、 コヴァーチ・ヤーノシュ、 ユリウス・カールマー、 ペシュコ・ゾルタン各氏に師事。 これまでに国内オーケストラと共演を重ねている。 また2012年に続き、 2015年1月に再びクロアチア放送交響楽団の定期公演(ザグレブ)に出演し、 現地で好評を博している。

<Osaka Shion Wind Orchestraトランペット奏者、 新穂優子>
鹿児島県鹿児島市出身。 鹿児島県立松陽高校音楽科、 大阪教育大学芸術専攻音楽コースを経て、 京都市立芸術大学大学院を卒業。
卒業後、 フリーランス奏者として関西を中心にオーケストラの客演や室内楽などで活動。
2015年4月からOsaka Shion Wind Orchestraに入団。
関西新人演奏会、 YAMAHA新人演奏会に出演。 第25回日本管打楽器コンクール入賞。 京都トランペットグループ”Summer Breeze”メンバー。 ドルチェミュージックアカデミー、 同志社女子大学講師。



公演日時:2020年2月9日(日)14:00開場/15:00開演
会場:鹿児島市民文化ホール 第1ホール
作曲:すぎやまこういち
吹奏楽編曲:真島俊夫
指揮者:海老原光
吹奏楽:オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
主催:公益財団法人 かごしま教育文化振興財団(鹿児島市民文化ホール)
協力:スギヤマ工房有限会社、 株式会社スクウェア・エニックス

■プログラム
「ドラゴンクエストI」より
・序曲
・ラダトーム城
・フィナーレ
「ドラゴンクエストII」より
・遥かなる旅路 ~ 広野を行く ~ 果てしなき世界
・恐怖の地下洞 ~ 魔の塔
・聖なるほこら
・この道わが旅
「ドラゴンクエストIII」より
・世界をまわる(街 ~ ジパング ~ ピラミッド ~ 村)
・冒険の旅
・海を越えて
・おおぞらをとぶ
・戦闘のテーマ ~ アレフガルドにて ~ 勇者の挑戦
・そして伝説へ

チケット一般販売:2019年8月3日(土)10:00~
チケット:(S席)4,000円 (A席)3,000円(B席)2,000円(税込・全席指定)
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

<お問い合わせ>
公益財団法人かごしま教育文化振興財団(鹿児島市民文化ホール)TEL:099-257-8111

【オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ プロフィール】
1923年(大正12年)に誕生以来『Shion(しおん)』の愛称で親しまれている交響吹奏楽団。
2015年3月に「大阪市音楽団」より「Osaka Shion Wind Orchestra」と改称。 クラシックからポピュラーまで誰もが楽しめるコンサートを展開し、 各都市での演奏会や吹奏楽講習会、 CD録音など、 幅広い活動を通して音楽文化の向上と発展のために力を注いでいる。

これまでに3度の大阪文化祭賞、 日本民間放送連盟賞、 日本吹奏楽アカデミー賞演奏部門賞、 大阪芸術賞、 なにわ大賞を受賞。 2014年4月より宮川彬良が音楽監督、 秋山和慶が芸術顧問に、 2017年4月より西村友が正指揮者に就任。

 

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア