NAXOSより「スーザ(1854-1932):吹奏楽のための作品集 第18集」が発売(2019/3/29)

NAXOSより「スーザ(1854-1932):吹奏楽のための作品集 第18集」が発売される。

詳細は以下の通り。


▼国内販売元(ナクソス・ジャパン株式会社)より

スーザにおける40年の作曲生活の中で、行進曲と同じくらいに大切な位置にあったのが「オペレッタ」でした。彼自身も何曲かのオペレッタを書いただけでなく、当時流行していたオペラやオペレッタの旋律を用いて洒落た行進曲を書き上げています。冒頭の「メリー・メリー・コーラス」がその代表作品で、グノーの《ファウスト》から、ウェーバーの《魔弾の射手》など有名曲を経て、最後はヴェルディの「アンヴィル・コーラス」で幕を閉じるという楽しい曲です。「私の思い出の中に」は一人の男の思い出話。他、世界初録音曲が多数収録されています。「パン・アメリカン諸国のマーチ」は第16集(8.559811)に収録された第1番から第13番までの続きが収録されています。

品番:8.559812
発売日:2019/3/29
メーカー:NAXOS
国内販売元:ナクソス・ジャパン株式会社
JAN:4945604598125

演奏:トリニティ・ラバン音楽大学ウィンド・オーケストラ
指揮者:キース・ブライオン

収録内容:

1.メリー・メリー・コーラス(1923)…世界初録音

2.スタッグ・パーティ(1885)

3.私の思い出の中に(交響的素描)(1928)…世界初録音

「山師」組曲(1898) (K.ブライオンによる吹奏楽編)…世界初録音
4.第1曲:Social Laws 社会の法律
5.第2曲:The Faithless Knight and the PhilosophicMaid 無情の騎士と哲学的なメイド
6.第3曲:Golden Cars黄金の車
7.第4曲:Mazurka マズルカ

8.クリスと不思議なランプ-ファニー(1899)…世界初録音

パン・アメリカン諸国のマーチ 第14番-第22番
9.第14番:メキシコ
10.第15番:ニカラグア
11.第16番:パナマ
12.第17番:パラグアイ
13.第18番:ペルー
14.第19番:エルサルバドル
15.第20番:ウルグアイ
16.第21番:ベネズエラ
17.第22番:アメリカ合衆国

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア