人気のハンドクラフトシリーズに26年振りの新モデルが登場 ヤマハ ハンドクラフトピッコロ『YPC-87』

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 37 秒です。

ヤマハ株式会社は、ピッコロのハンドクラフトシリーズの新製品として、ヤマハ ハンドクラフトピッコロ『YPC-87』を10月20日(金)に発売します。

価格:455,000円(税抜)
発売日:10月20日(金)

製品の概要

このたび発売する『YPC-87』は、伝統的なスタイルを踏襲した美しい外観が目を引くハンドクラフトピッコロの新モデルです。新デザインの唄口や管体の肉厚を増やすなど、細部に至るまで形状や素材にこだわった設計により、これまでのヤマハピッコロとは違う、軽やかで明るいキャラクターの豊かな音色を実現しました。また、正確な音程と発音バランスの良さはそのままに、高音域での鳴らし易さとピアニッシモでも無理なく発音できる高い演奏性を備えました。

主な特長

1.軽やかに吹いても、ホールの隅々まで存在感が伝わる明るい音色
ヤマハピッコロとしては初めて、ストロビンガーピッコロパッドを搭載。クリアなレスポンスと、高い密閉性により、ホールの隅々まで音が伝わる存在感のある響きを実現しました。音のオン・オフが明確で、素早い反応が得られます。また、伝統的なフレンチスタイルのピントップアームを採用した高級感のある外観となっています。


ストロビンガーピッコロパッド


ピントップアーム

2.楽器の特性上鳴らしにくい第3オクターブ、特にG以上での容易な発音
管体の肉厚を増して管体の内径を細くすることで、明るい音色を保ちながら深い響きを実現しました。また、内径を細くすることで、小さな音でも芯のある、繊細な表現が可能となり、特に高音域での発音性が向上しています。


管体内径テーパーの見直し

3.ピアニッシモでも無理のない発音ができる高いコントロール性
豊かで明るい響きを実現すべく試行錯誤を重ね、ややスクエアな形状となる新デザインの唄口を持つ頭部管を新開発しました。高音の発音の容易さ、ピアニッシモでの発音性をサポートします。

頭部管の新規唄口形状

主な仕様

モデル:YPC-87
頭部管:グラナディラ
主管:グラナディラ(管体肉厚化)
胴輪・キイポスト・座・キイ:銀製、銀メッキ
システム:Eメカニズム付
タンポ:ストロビンガー(TM) ピッコロパッド

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア