今からでも遅くない要注目作曲家:フィリップ・クーネン(Filip Ceunen)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 47 秒です。

21368f7aaa-Filip_trombone1_edited1

近年、デハスケの新作CDにも作品が収録されているのでご存知の方も多いかと思います。1983年生まれ、ベルギーの作曲家フィリップ・クーネン(Filip Ceunen)。

ブリュッセルの王立音楽院で作曲を学んでおり、師匠はJan Van Landeghemになります。

2015年には「The Story of King Arthur」でFamily Van Riet作曲賞を受賞しています。作曲家のほか、指揮者、トロンボーン奏者としても活動をしています。

最新の情報としては、ビギニング・バンドのためのフレックスの新作「Upside Down」が完成しており、間もなくレコーディングが行われるとのこと。

 

その他最近では、2つのコンサートマーチの初演がありました。

「Forsela」はベルギーのアマチュアバンド(ファンファーレオルケスト)「Vermaak na Arbeid」による委嘱作品。

BVTMusicから楽譜が出版されています。

初演の映像はこちらです。

 

もう一つの「Aurelia」はベルギーのアマチュア吹奏楽団「St.-Jorisgilde」による委嘱作品。

こちらもBVTMusicから楽譜が出版されています。

初演の映像はこちらです。

 

クーネンの作品はBeriato Music Publishing (Hal Leonard MGB)とBVTMusicから出版されています。

他の作品もYou Tubeに上がっていますのでチェックしておきましょう。

 

Mission to Mars

 

The Story of King Arthur

 

Attention!

 

Pompeii

 

The Three Musketeers

 

Smoke on the Water (arr.)

 

Cloud 9! (演奏はベルギー・キンローイのユースバンド「Pro Music」、オランダのヘールで行われたEurofestivalでの映像)

 

いかがでしたでしょうか?小難しい感じの作風ではないので、若いバンドにもチェックしておいてほしい作曲家ですね。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア