ヨハン・デメイ氏(Johan de Meij)によるコラム「さまよえるオランダ人」Part I

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分 11 秒です。

オランダの作曲家で指揮者のヨハン・デメイ氏(Johan de Meij)は、自分の作品を演奏するために世界中を旅していました。

このコラムは、ドイツの大手吹奏楽雑誌「CLARINO」のために書かれた2ヶ月間のブログの原稿をデメイ氏から許諾を頂き日本語に翻訳したもので、このブログの中でデメイ氏は彼の最近の音楽体験を伝えています。

原文の英語も日本語版の後に併記しますので、英語で直接読みたい方はそちらでお楽しみ頂けます。
(第1回は英語ですが第2回以降はオランダ語になりますので翻訳に少しお時間をいただくと思います)

※誤訳等ございましたらこちらのフォームからお知らせいただければ幸いです。


さまよえるオランダ人 (Part I)

私のキャリアで一度も足を踏み入れていなかった国、すなわちメキシコからのシンプルなFacebookメッセージが私を驚くべき旅に連れ出しました。

送信者は、UDLAP(Universidad De Las Americas Puebla)の化学教授であり、熱心なアマチュア・クラリネット奏者でもあった愉快な人物、ルイス・アルトゥーロ・ガルシアです。

ルイス・アルトゥーロは、彼の大学でEncuentro de Bandas Sinfonicas(Wind Band Gathering)と呼ばれる第1回の定期的なバンドフェスティバルを開催し主催するという野心的な取り組みを始めました。

私はすぐに彼の熱狂的な招待に「イエス!」と答えました。

それは喜ばしい経験になることが判明しました。1日目のホストからのとても暖かい歓迎、2日間の激しいリハーサル、最後の日に行われるエキサイティングなコンサートです。

参加者は、エルサルバドルとキューバからのゲストを含むメキシコ全土からやってきました。

彼らは、7本のファゴットと7本のコントラバスを含む140人の巨大なウィンド・アンサンブルを形成しました。 なんという贅沢!

選ばれたプログラムは非常にチャレンジングでした。前半にはヴェネチアン・コレクション全曲、後半には交響曲第2番「ビッグ・アップル」のスカイラインと、交響曲第1番「指輪物語」の終楽章ホビット。

私が訪れている間、私は、なぜこの国には非常に多くの才能のあるミュージシャンがいるのに、吹奏楽の世界の他の地域とほとんど交流していないのか?という疑問に興味をそそられました。

私がホスト達と共有した素晴らしい食事会の中で、私はルイス・アルトゥーロと私のアシスタント・コンダクターのルイス・マニュエル・サンチェスに質問をしました。

彼らはいくつかの魅力的な情報を返してくれました。

メキシコにはおよそ700のコミュニティ・バンドがあります。 最も多くのバンドを持つ州はオアハカ、ミチョアカン、プエブラ、メヒコです。

メキシコには10~15のプロフェッショナル・バンドがあります。

そのグループの中でも最もよく知られているのは、Banda Sinfonica de la Secretaria de Marina、Sinfonica de Alientos de la Policia Federal、Banda Sinfonica de la Defensa Nacional、Banda Sinfonica del Estado de Oaxaca、Banda Sinfonica del Estado de Veracruz、Banda Sinfonica Municipal de Puebla、 Banda de Musica del Estado de Zacatecasです。 さらに、少なくとも10の大学のバンドと30の大学と高校のバンドがあります。

メキシコでのバンド・ムーヴメントは着実に成長しています。

さらに、ほとんどのグループは、もっとオリジナル作品を演奏し、芸術的に発展したいと考えています。

インターネットのおかげで、彼らは自分たちの野望を満たすのにつながる他の国のオリジナル作品を聴くことが出来ます。

UDLAPのプロジェクトは、140人以上のウインドバンド・プレイヤーがゲスト指揮者および作曲家と仕事をする機会を得た初めてのプロジェクトでした。

主催者によると、それはその種の最初のイベントかもしれないとのことでした。私は比類なき名誉と光栄だと感じました。

現在、メキシコにウィンド・オーケストラのための国内または地域の大会はありません。

毎年マーチング・バンドのコンテストがあり、軍楽隊のためにも1つあります。

メキシコには5つの施設があり、そこでオーケストラの指揮法を学ぶことができますが、吹奏楽の指揮法を学ぶためのプログラムは1つもありません。

ウィンド・オーケストラのためのオリジナル作品を書いたメキシコの作曲家はほんの数人です。

メキシコの作曲家アルトゥーロ・マルケスはダンゾン第2番で世界的な名声を博しています。彼は自身のオーケストラ作品の一部を吹奏楽のために編曲しました。

最も重要な作曲家、編曲者、指揮者の一人はヴェリノ・M・プレザ(1866-1944)です。

Prezaはいくつかの有名なメキシコの行進曲を書いていました。そして彼はメキシコの最も古い吹奏楽団である警察音楽隊を1904年に創設した人物でもあります。

最後のコンサートへのビルドアップは激しかったです。

しかし、すべての作業は、私たちが目の肥えたコンサート・ファンで満席となった会場で演奏したときに報われました。

私は非常に多くの写真を撮り、1日で非常に多くのプログラムに署名したことを思い出せません。

セルフィー(自撮り)、各セクションの写真、そしてもちろん、すべての個々の奏者、合計140名です。

私の顎は、一日中笑顔でいたその日からまだ痛んでいます!

私はチョーラのピラミッドやサンタ・マリア・トナンツィントラの美しい教会など、サン・アンドレス・チョーラの驚くべき景色を見るためにもう一日滞在することにしました。

ランチの間、ルイス・アルトゥーロは、プエブラ、ケレタロ、メキシコシティーでそれぞれ3回以上のコンサートを行うという、来年に向けての真剣な計画を立て始めました。

私たちは来年度のイベントの改善方法についても話し合いました。

私の主な関心事は、大規模な楽器編成でした。たとえば、14本のアルトサクソフォーンなどと適切なバランスをとることは不可能です。

また、拡大または縮小する必要がある他のセクションもありました。

これを修正するために、私たちは次のプロジェクトのための適切な楽器編成を備えた「ドリームチーム」を設立しました。

来年のプログラムの中心は、メキシコでの初演となる交響曲第3番「プラネット・アース」となります。 私は本当に待ちきれません。


テキスト:ヨハン・デメイ(Johan de Meij)
翻訳:梅本周平(Wind Band Press)


THE FLYING DUTCHMAN (Part I)

Dutch composer and conductor Johan de Meij spends a great deal of his time traveling around the globe to conduct his own music. In this bi-monthly blog he recounts his most recent musical experiences.

One simple Facebook message led to an astonishing journey to a country where I had never set foot in my entire career: Mexico. The messenger was the amiable Luis Arturo Garcia, a chemistry professor at UDLAP (Universidad De Las Americas Puebla), and an avid amateur clarinet player. Luis Arturo started an ambitious initiative by organizing and hosting the first annual band festival called Encuentro de Bandas Sinfonicas (Wind Band Gathering) at his university. I immediately responded to his invitation with an enthusiastic “YES!”

It turned out to be a gratifying experience: a very warm welcome by my hosts on day one, two days of intense rehearsals and an exciting concert on the final day. The participants came from all over Mexico, including some guests from El Salvador and Cuba. They formed a huge wind ensemble of 140 players, including seven bassoons and seven string basses. What a luxury!

The chosen program was quite challenging, including the entire Venetian Collection in the first half, and Skyline from Symphony No. 2 The Big Apple and Hobbits, the final movement of Symphony No. 1 The Lord of the Rings for the second half.

During my visit, I became intrigued with the question of why this country, with so many enormously talented musicians has had so little interaction with the rest of the wind orchestra world? During one of the many wonderful meals I shared with my hosts, I put the question to Luis Arturo and my assistant conductor Luis Manuel Sanchez. They responded with some fascinating information.

There are roughly 700 community bands around Mexico; the states with the most bands are Oaxaca, Michoacan, Puebla and Estado de Mexico. There are between 10 and 15 professional bands in Mexico. The best known of that group are Banda Sinfonica de la Secretaria de Marina, Sinfonica de Alientos de la Policia Federal, Banda Sinfonica de la Defensa Nacional, Banda Sinfonica del Estado de Oaxaca, Banda Sinfonica del Estado de Veracruz, Banda Sinfonica Municipal de Puebla, and Banda de Musica del Estado de Zacatecas. Additionally, there are at least 10 university bands and 30 college and high school bands.

The band movement in Mexico is steadily growing. Furthermore, most groups want to play more original music and develop artistically. Thanks to the Internet, they have the possibility to listen to original works from other countries that in turn have fuelled their own ambitions. The project at UDLAP was the first time that more than 140 wind band players had the opportunity to work with a guest conductor and composer. According to the organizers, it may have been the first event of its kind. I felt uniquely honored and privileged.

Presently, Mexico does not have any national or regional competitions for wind orchestras. There is an annual marching band contest, and one for military bands. There are five institutions in Mexico where one can study orchestral conducting, but not one program for studying wind band conducting. There are only a few Mexican composers who have written original works for wind orchestra. Mexican composer Arturo Marquez is world renown for his Danzon No. 2. He has transcribed some of his orchestral music for winds. One the most important composers, arrangers and conductors was Velino M. Preza (1866-1944). Preza wrote some famous Mexican marches, and he was the founder of the Police Band in 1904, the oldest wind band in Mexico.

The build up to the final concert was intense. But all of the work paid off when we played to a full house of hugely appreciative concertgoers. I can’t remember having taken so many photos and signing so many programs in one day. There were selfies, photos with each section, and of course all the individual players, 140 in total. My jaws are still hurting from all the smiling that day!

I chose to stay an extra day to see the wondrous surroundings of San Andres Cholula, including the Pyramids of Cholula, and the breathtakingly beautiful church of Santa Maria Tonantzintla. During lunch, Luis Arturo already started to make serious plans for next year, with no less than three concerts in Puebla, Queretaro and Mexico City respectively. We also discussed how to improve next year’s event. My main concern was the massive instrumentation: It is impossible to create a proper balance with – for instance – 14 alto saxophones. There were also other sections that also needed to scale up or down. To correct this, we set up a “dream team” with the exact instrumentation for the next project. The centerpiece of next year’s program will be Symphony No. 3 Planet Earth, which will be the first performance in Mexico. I honestly can’t wait.

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア