デイヴィッド・ズベイ(David Dzubay)の新作「Chamber Concerto for Trumpet, Violin & Ensemble」が2017年3月2日に初演される

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 18 秒です。

昨年の「交響曲第2番」に関する記事も人気記事となった、デイヴィッド・ズベイ氏(David Dzubay)より最新作のお知らせです。

新作「Chamber Concerto for Trumpet, Violin & Ensemble」が2017年3月2日に初演されます。

Deja vu (passacaglia sospeso)
Rapprochement (intermezzo)
Detente (scherzo)

の三楽章に分かれた作品で、約30分。

編成は

Fl/Pc, Ob/Ehn, T.Sax, Cl, Bcl, Bn/Cbsn – Hn, Trb, Tuba – 2 Perc, Pno – Va, Vc, Cb
solo Violin and solo Trumpet (+Flugelhorn, Piccolo Trumpet)

となっています。

初演は以下の団体及び奏者によって行われます。

ヴァイオリン:Solomiya Ivahkiv
トランペット:Louis Hanzilk
演奏:コネチカット大学(University of Connecticutt)
指揮:ジェフリー・レンショー(Jeffrey Renshaw)

ズベイ氏が監督を務めるインディアナ大学による演奏も、4/20に行われます。

こちらは

ヴァイオリン:シミン・ガナトラ(Simin Ganatra)
トランペット:ジョン・ロンメル(John Rommel)
指揮:デイヴィッド・ズベイ(David Dzubay)

となっています。

おそらくまた音源がアップされるのではないかと思いますので楽しみに待ちましょう。


関連商品

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア