オッテンザマー親子による夢のクラリネット・アンサンブル「ザ・クラリノッツ」が2018年に日本ツアーを行うことが判明

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 41 秒です。

51smlkrssl

ベルリン・フィル、ウィーン・フィルの首席奏者であるエルンスト・オッテンザマー、アンドレアス・オッテンザマー、ダニエル・オッテンザマーの親子3人による夢のスーパー・クラリネット・アンサンブル「ザ・クラリノッツ」。

2016年にドイツ・グラモフォンからCDをリリースしたのでもう聴いた方も多いかもしれません。

このCDはボストンのラジオ局「WCRB」、ベルリンのラジオ局「RBB」で「アルバム・オブ・ザ・ウィーク」に選ばれています。

CDリリースの成功の後、クラリノッツはウィーン楽友協会で、特別に委嘱されたイワン・エレート(Ivan Erod)作曲のクラリネット三重奏の協奏曲「Triple Clarinet Concerto」をウィーン・フィルとともに初演しています。

▼初演の抜粋はこちら

その後も2016年8月にはゲオルク・ブラインシュミット(Georg Breinschmid)作曲の「Against All Otts」をメニューイン・グシュタード音楽祭(Menuhin Festival Gstaad)で初演、また9月にはウィーンのグラフェネック音楽祭(Grafenegg Festival)、アイゼンシュタットのハイドン・フェスティバル(Eisenstaedt Haydn Festival)に出演しています。

▼ブラインシュミット「Against All Otts」の抜粋はこちら

そして、アシスタント・アーティスト・マネージャーのHolly Hutchinson氏によれば、2018年には日本ツアーを行うとのこと!

それまではCDを聴きながら首を長くして待ちましょう。

クラリノッツとしてCDをリリースする前に、オクタヴィア・レコードからもこの3人でCDを出しているので、そちらも忘れずにチェック。

CDはこちら


Amazon

楽天

ザ・クラリノッツ [ ザ・クラリノッツ ]

価格:2,700円
(2016/10/11 12:15時点)

エルンスト・オッテンザマーと息子たち [ アンドレアス、ダニエル&エルンストオテンザマー ]

価格:2,742円
(2016/10/11 12:16時点)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア