フォンテックより、東京佼成ウインドオーケストラ、飯守泰次郎指揮のCD「ワーグナーの夕べ」が発売!(10/5)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 28 秒です。

fontec1

バイロイト音楽祭元総監督・ヴォルフガング・ワーグナー氏をして「飯守泰次郎こそドイツ語でKapellmeister(名指揮者)と呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロと言う言葉以上に大きな尊敬の念が込められている」と言わしめた飯守泰次郎。

2016年10月にも新国立劇場オペラ芸術監督として『ワルキューレ』に取り組むなど、常にワーグナーと対峙し続ける飯守による、日本有数の吹奏楽団である東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)との2013年10月の定期演奏会のライヴ録音、待望のCD 化です。

ワーグナーをすみずみまで知り尽くした飯守と、その実力を遺憾なく発揮するTKWO。両者の心が通い合ってのきわめて感動的な演奏をお聴きください。

詳細は以下の通り。

品番:FOCD9701
定価:¥2,600+税
発売日:2016年10月5日
メーカー:フォンテック

演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮者:飯守泰次郎

収録内容:

リヒャルト・ワーグナー:
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲(M.ハインズレー編)
歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への行列」(L.カイエ編)
楽劇「トリスタンとイゾルデ」より「前奏曲と愛の死」 (大橋晃一編)
歌劇「タンホイザー」より「入場の行進曲(祝祭行進曲)」(J.ハルトマン編)
楽劇「ジークフリート」より「森のささやき」 (大橋晃一編)
楽劇「神々のたそがれ」より「葬送行進曲」 (D.ゴッドフライ編)
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1 幕への前奏曲 (木村吉宏編)

録音:2013 年10 月18 日 東京芸術劇場コンサートホール
東京佼成ウインドオーケストラ 第116 回定期演奏会 ライヴ録音


Amazonで買う

楽天で買う

ワーグナーの夕べ [ 飯守泰次郎 東京佼成ウインドオーケストラ ]

価格:2,808円
(2016/9/21 10:16時点)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア