現在は関西を中心に活躍する稀代の名手による初の東京リサイタル!ザビエル・ラック フルートコンサート(2018/7/14:ヤマハ銀座コンサートサロン(ヤマハ銀座ビル 6F))

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場の契約奏者を長く務め、現在は関西を中心に活躍する稀代のフルートの名手ザビエル・ラック(Xavier Luck)による初の東京リサイタルが開催される。

公演詳細は以下の通り。


日時:2018年7月14日(土) 18:30開場/19:00開演

会場:ヤマハ銀座コンサートサロン(ヤマハ銀座ビル 6F)

入場料:2,000円(税込)

定員:80名 全席自由 ※要予約
※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケットご購入:
イープラス

出演:
ザビエル・ラック(Xavier Luck)(Flute)
岡本 知也(Piano)

プログラム:

C.ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
C.P.E.バッハ:ハンブルガーソナタ Wq133 ト長調
武満 徹:ヴォイス
D.リントン-フランス:ツァオバーシュテュンデ
C.ライネッケ:フルートソナタ ウンディーネ 作品167 ホ短調

※プログラムが変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

主催・ご予約・お問い合わせ:
株式会社ヤマハミュージックジャパン アトリエ東京
TEL:03-3574-0619
営業時間:10:30~18:30
定休日:土日祝日

ザビエル・ラック プロフィール

1974年オーストラリア シドニー生まれ イギリス国籍。メルボルン大学を卒業後、英国王立音楽大学、ウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。ウィーン国立音楽大学の学生時代よりウィーンフィルハーモニー管弦楽団及び、ウィーン国立歌劇場の契約奏者を長年務めた。ロンドンフィルハーモニー管弦楽団、ベルゲンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団、ウィーン室内合奏団、シドニー交響楽団、メルボルン交響楽団、京都市交響楽団、NHK交響楽団など、多くの世界的オーケストラにゲスト首席奏者として招かれ、演奏会、レコーディングを幅広く行う。なかでも、2006年にトーマス クリスチャン アンサンブルのメンバーとして録音したCDが、名誉あるドイツ レコード産業最優秀賞を受賞した。Pacific Music Festival (PMF) をはじめ、チロル音楽祭、ザルツブルグ音楽祭など、音楽祭にも数多く参加し好評を博す。2005年から兵庫芸術文化センター管弦楽団の初代フルート奏者を務め、その後、2008年からソウルフィルハーモニー管弦楽団の副首席奏者を4年間務めた。2017年2月にカメラータ・トウキョウよりファーストアルバム「タファネル 至高のファンタジスト」がリリースされ、「レコード芸術」誌で特選盤に選出される。現在、神戸女学院大学音楽学部准教授。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア