若手オケマンによる金管アンサンブル「Brass Ensemble ZERO」がイギリスの作曲家を特集した第8回レギュラーコンサートを開催(2019/6/5:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール)

 

若手オケマンによる金管アンサンブル「Brass Ensemble ZERO」が第8回レギュラーコンサートを開催する。今回はイギリスの作曲家特集。

日本でも人気のヘイゼル「猫」シリーズも演奏される。

公演詳細は以下の通り。


日時:2019年6月5日(水) 18:15 開場 / 19:00 開演

会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

プログラム:
クリス・ヘイゼル:3 匹の猫

アーサー・バターワース:トリトン組曲

G. F. ヘンデル:アン王女のためのオード「神々しいその永遠の源」

クリス・ヘイゼル:もう3 匹の猫

デレク・ブルジョワ:ウィリアムとメアリー

チケット:一般 \3,500 / 学生 \2,000 *当日券は\500 増

プレイガイド
050-5582-0274(大西)
Mail:brass.ensemble.zero@gmail.com
PassMarket:http://bit.ly/brasszero2019
窓口 各協賛楽器店

■ Brass Ensemble ZERO

2010年20代の金管奏者が集まり結成された。音楽の様々な可能性を考えて、沢山の方向性を見つけていこう。”ゼロから新しいモノを生み出せる” という思いが、団体名に込められている。結成当時より、ブラスアンサンブルのオリジナル作品を定期演奏会のレパートリーの中心に据え、多彩なプログラムを組んでいる。
2015年、世界的トランペット奏者ラインホルト・フリードリッヒ氏と共演。氏の音楽性に感化され、アンサンブルの演奏水準を一層引き上げるとともに、演奏会を大成功に終えた。2017年トランペットソリストのイエルーン・ベルワルツ氏と共演。彼のアイディアの下に、映画音楽を中心の公演は好評を得た。

■出演者:
大西 敏幸〈トランペット:フリーランス〉
川田 修一〈トランペット:東京フィルハーモニー交響楽団首席〉
重井 吉彦〈トランペット:東京フィルハーモニー交響楽団〉 新メンバー
野田 亮〈トランペット:フリーランス〉
濱口 勝治〈トランペット:フリーランス〉
岸上 穣〈ホルン:東京都交響楽団〉
藤原 功次郎〈トロンボーン:日本フィルハーモニー交響楽団〉
東川 暁洋〈トロンボーン:藝大フィルハーモニア管弦楽団〉
越智 大輔〈トロンボーン:群馬交響楽団〉
黒金 寛行〈バス・トロンボーン:NHK 交響楽団〉
柳生 和大〈チューバ:日本フィルハーモニー交響楽団〉

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア