打楽器奏者の加藤訓子氏による「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ」展 記念コンサート(2019/3/26)

「東京・春・音楽祭2019」の一環として、打楽器奏者の加藤訓子氏が国立西洋美術館において「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ」展 記念コンサートを行う。

ル・コルビュジエの弟子としても有名な作曲家クセナキス。現代作品の演奏を得意とし、クセナキスの作品を集めたCD『IX』でレコード・アカデミー賞現代曲部門および特別部門(録音)にダブルノミネートされた加藤訓子氏が、パーカッション・ソロで聴かせます。

詳細は以下の通り。


日時・会場
2019/3/26 [火] 11:00開演(10:30 開場)/14:00開演(13:30開場)[各回約60分]
国立西洋美術館企画展示ロビー

出演
パーカッション:加藤訓子
お話:村上博哉(国立西洋美術館 副館長)

曲目
【クセナキスとル・コルビュジエ】
三善 晃:組曲「会話」独奏マリンバのための
三善 晃:トルスIII 独奏マリンバのための
三善 晃:リップル 独奏マリンバのための
クセナキス:ルボン

チケットのお求めはこちらから

主催:東京・春・音楽祭実行委員会
共催:国立西洋美術館
協力:東京新聞
協力:日本音響エンジニアリング株式会社

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア