ONDINEよりマルクス・マスクニッティ(ホルン)「シューマン、サン=サーンス、グリエール:ホルンとオーケストラのための作品集」が発売(2019/4/19)

フィンランドのレーベルONDINEよりマルクス・マスクニッティ(ホルン)「シューマン、サン=サーンス、グリエール:ホルンとオーケストラのための作品集」が発売される。

詳細は以下の通り。


▼国内販売元(ナクソス・ジャパン株式会社)より

フィンランドのラウマ出身のホルン奏者マルクス・マスクニッティ。ヘルシンキのシベリウス・アカデミーで学び、ベルリンに留学。1994年に開催されたミュンヘン国際コンクールなど、数々のコンクールに入賞し注目を集めました。その後、フィンランド放送交響楽団をはじめ、1994年にはベルリン・ドイツ交響楽団、1997年から1999年まではベルリン・フィルハーモニーの首席奏者を務めるなど、世界的なオーケストラで演奏、室内楽の分野でも活躍するベテランです。今回はサカリ・オラモが指揮するロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団と共演、シューマン、サン=サーンス、グリエールの作品を聴かせます。選ばれた曲は、シューマンのホルン作品の中でも最も充実した味わいを持つ「コンツェルトシュトック」、アンセルメのオーケストレーションにより、本来のピアノ伴奏よりも更に味わい豊かとなった「アダージョとアレグロ」、サン=サーンスの熟練した作曲技法が光る「演奏会用小品」、グリエールの最後の作品となった「ホルン協奏曲」。1849年から1951年まで、100年にわたって作曲された様々なホルンのための作品をお楽しみください。

品番:ODE-1339
JAN:4589538738389
発売日:2019/4/19
メーカー:ONDINE
国内販売元:ナクソス・ジャパン株式会社

演奏:マルクス・マスクニッティ(ホルン)
マルティン・シェプファー(第2ホルン)…1-3
クリストファー・エーベルイ(第3ホルン)…1-3
モニカ・ベレングエル・カーロ(第4ホルン)…1-3
ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:サカリ・オラモ

収録内容:

シューマン(1810-1856): 4つのホルンとオーケストラのためのコンツェルトシュトゥック Op.86
1.第1楽章:Lebhaft –
2.第2楽章:Romanze –
3.第3楽章:Sehr lebhaft

4-5.シューマン:アダージョとアレグロ Op.70 (エルネスト・アンセルメによるオーケストラ伴奏編)

サン=サーンス(1835-1921):演奏会用小品 OP.94
6.第1楽章:Allegro moderato –
7.第2楽章:Adagio –
8.第3楽章:Allegro non troppo

グリエール(1875-1956):ホルン協奏曲 Op.91
9.第1楽章:Allegro
10.第2楽章:Andante
11.第3楽章:Moderato

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア