変化に富んだフルートの響き、その多彩な彩りに驚く!工藤重典 フルート&指揮のCD「牧神の午後への前奏曲 ~フルート・アンサンブルの愉しみ~」が発売(2019/3/25)

日本が世界に誇るフルートの名手、工藤重典氏の新譜が発売される。

詳細は以下の通り。


▼メーカーより

◆名手、工藤重典のソロ、トリオフルート・オーケストラと多彩な演奏が楽しめる、数少ないプログラム。

◆アンサンブルは、ランパルのもと工藤と共に学んだ世界的奏者アンドラーシュ・アドリアンを筆頭に、 パリ・エコール・ノルマルでの工藤の弟子たちという、フレンチ・スクールの伝統を受け継ぐメンバーで構成。

◆その真骨頂ともいえる、輝かしい響きが幾重にも重なり合い、色彩感溢れる音場感を築き上げる様 は圧巻です。

◆各編成のための興味深いアレンジが、フルートの魅力の新たな側面を際立たせます。

品番:MM-4053
定価:¥3,000(税抜定価)
発売日:2019/3/25
メーカー:株式会社マイスター・ミュージック
JANコード:4944099405338

演奏:工藤重典
指揮者:工藤重典

収録内容:

1. C.ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

2. F.J. ハイドン:ロンドン・トリオ 第4番ト長調 Hob.IV:4

3. W. A. モーツァルト:アンダンテ ト長調 K. 448より

4-6. J. B. ボワモルティエ:5本のフルートのための協奏曲 第1番 作品15-1

7-9. A. ヴィヴァルディ:4本のフルートのための協奏曲 ニ短調

10. N. W. ゲーゼ:カプリッチョ

11. Eドップラー:アンダンテとロンド 作品25

12. A.I. ハチャトリアン:剣の舞

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア