「マキシマム2018 チューバxクラリネットx電子音響」~楽器と電子音響の極限の出逢い~(2018/10/20:ソノリウム[東京、永福町])

スリーシェルズ所属の磯部英彬プロデュースによる楽器と電子音響の極限の出逢い「マキシマム」が10月20日に開催される。

「マキシマム」は今年で3年目を迎えたシリーズで、今年は『マキシマム2018 チューバxクラリネットx電子音響』~楽器と電子音響の極限の出逢い~と題され、チューバに橋本晋哉氏、クラリネットに岩瀬龍太氏を迎え、刺激的な時間を提供する。

公演詳細は以下の通り。


日時 2018年10月20日(土曜)
時間 18:00 開演 (17:30開場)
出演 橋本晋哉 / 岩瀬龍太 / 中川俊郎 / 山本和智 / 神本真理 / 星谷丈生 / 磯部英彬
会場 ソノリウム
チケット : 一般3,000円 学生2,000円(当日500円増し)

演奏曲目

中川俊郎
付加された変奏、クラリネットとエレクトロニクスのための、
「Variation ajout?e」

山本和智
バスクラリネットとテープのための
「常同曲」

神本真理
クラリネット、チューバ、エレクトロニクスのための
「Multi masques」

星谷丈生
チューバとエレクトロニクスのための
「《草原》Grassland」

磯部英彬
チューバとテープのための
「ナポリの回転弧」

宣伝動画 マキシマムMAXIMUM 2018 10月20日 今年も爆発編

問い合わせ
http://musica.tokyo
info@musica.tokyo

チケットはこちらから
https://tiget.net/events/38313

プロフィール
磯部英彬 Hideaki ISOBE

作曲家。メディアアーティスト。東京音楽大学非常勤講師。
1982年山梨県出身。作曲及び音響技術、コンピューター音楽を土屋雄氏に師事。コンピュータを中心とした作曲活動のほか様々な他の作曲家の電子作品のオペレーターを担当する。オペラ「RAMPO2011」(土屋雄ほか作曲)や、和光大学特殊音楽祭、2016年にAura-Jの演奏で渋谷で初演された山本和智の打楽器協奏曲、スリーシェルズの「黛敏郎個展」など幾多の公演で音響技術を務めた。
スリーシェルズ所属。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア