【動画あり】イギリスの作曲家ロブ・ウィッフィン氏(Rob Wiffin)のご紹介と最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分 13 秒です。

イギリスの作曲家ロブ・ウィッフィン氏(Rob Wiffin)とコンタクトが取れましたので最新情報と合わせてご紹介します。

まずはバイオグラフィーから。


ウィッフィン氏は、救世軍で彼の音楽キャリアを始め、コルネットの演奏を学び、その後ロンドンのサウスオール・シタデルでトロンボーンの演奏を学びました。

ハンウェルのドレイトン・マナー・グラマー・スクール(Drayton Manor Grammar School)での彼の音楽教師は、ウィリアム・エレーラ(William Herrera)と呼ばれる素晴らしい人物で、ウィッフィン氏はもともと音楽的なキャリアを追求するつもりはなかったが、彼の学生時代が終わる頃には、すでにしっかりとさいは投げられていました。

サウスオール救世軍のすべての音楽アンサンブルは家族や親戚によって指揮されていたので、彼が指揮に関心を持ち始めたのは非常に初期の段階でした。彼が合唱団の副指揮者に就任したのはまだ17歳の時でした。

同じ年齢で、彼は英国国立音楽大学(Royal College of Music)に入学しアーサー・ウィルスン氏(Arthur Wilson)にトロンボーンを師事しながらナショナル・ユース・オーケストラで演奏しました。

彼の学習の終了時に、彼はイギリス空軍音楽隊(Royal Air Force Music Services)に加わり、セントラル・バンドの首席トロンボーン奏者になりました。

奏者として7年務めた後、彼は指揮に彼のエネルギーを集中することを決め、イギリス空軍の音楽監督になりました。

彼はイギリス空軍連隊バンド、イギリス空軍ウェスタン・バンド、イギリス空軍セントラル・バンドを指揮しています。

1998年1月、イギリス空軍の首席音楽監督に昇進し、1919年のジョージ・ダイソン卿以来最年少で、この権威あるポストについた12番目の音楽家となりました。

彼は2002年にイギリス空軍音楽隊への貢献が認められ、大英帝国勲章(OBE)を受賞しました。

イギリス空軍から離れ、彼はオーケストラ、ウィンド・アンサンブル、そして国内最高級のブラスバンドの多くを指揮して彼の名声を確立しました。

彼は数多くの商業録音やテレビ、ラジオ放送を行い、コンサートや国際カンファレンスで新作の初演を行っています。

2003年にイギリス空軍を去った後、スペインに移り住み、作・編曲およびトロンボーンの演奏に多くの時間を費やしました。

彼のスペインとの結びつきを維持しながら、現在はイングランドでほとんどの時間を過ごしています。

彼は現在、王立ネラーホール陸軍音楽学校(Royal Military School of Music, Kneller Hall)で指揮法の教授を務めており、ロンドン音楽大学の大学院で指揮法、作曲、編曲を教えています。


作曲家として:

作曲家としての彼のキャリアの最初の作曲活動のほとんどはソングライティングでしたが、音楽監督を務めている間に吹奏楽とブラスバンドの作曲が散発的に始まりました。

大学時代にブライアン・ケリー氏(Brian Kelly)、後にフィリップ・スパーク氏(Philip Sparke)に少し作曲のレッスンを受けましたが、彼はほぼ独学です。

彼は最初の湾岸戦争中にバーレーンに駐留している間にギターのための情熱を奮い立たせ、ギターのために80曲以上の作品を書きました。

ギターは他の作品のクリエイティブな刺激を与え、イギリス空軍はその需要を供給しました。

彼は、知人のミュージシャンと、特定の会場のために書くことができるという特権的な立場にいました。

彼は、ウェストミンスター寺院とセントポール大聖堂、そしてイギリスの主要なコンサート会場での演奏のための音楽を書きました。

彼の作品は現在世界中で定期的に演奏されています。

彼のアレンジのように、彼の作品は幅広いスタイルの多様性を示しています。

彼は無調の作品を書くことはありませんが、時々、端々に彼のハーモニックとリズミカルな言語を用いるのを好んでいます。

彼は主に吹奏楽団とブラスバンドのために書いていますが、彼のカタログはソロ・ギターからオーケストラ、クラリネット・クワイアーからビッグバンドまでの多様性を示しています。

彼の作品はStudio Music Company、De Haske、Shout Music Publishingによって出版されています。


アレンジャーとして:

ウィッフィン氏は彼の学生時代から作曲に関心を持っていましたが、アレンジャーとしての彼自身の地位を確立することは決してありませんでした。

彼は、イギリス空軍に在籍していた最後の方の年に、定例のイギリス空軍マス・バンドのツアーのプログラムをプロデュースしなければならないときに、必要に迫られてアレンジを始めました。

これはゲスト・ボーカリストのためのいくつかの曲のアレンジから始まりましたが、数年の間に指数関数的に発展し、彼のカタログは現在130以上のアレンジ作品で構成されています。

彼の作品は、彼の音楽的キャリアの多様性の遺産である、そのスタイルの多才さによって知られています。

彼は声楽、弦楽器、ピアノ、オーケストラ、吹奏楽、ブラスバンドまたはビッグバンドのために等しく快適にアレンジを行っています。

キーとなる影響は、彼のイギリス空軍の元上司の一人、ジョン・マーティンデール氏(John Martindale)でした。

氏は作品を側面から見ることが大好きで、多くの場合、他の音楽からの引用を彼のアレンジに含むことが多かった。

ウィッフィン氏はある表現手段から別の表現手段にいくつかのトランスクリプションを行いましたが、トランスクリプションよりも創造的なアレンジを好んでいます。

彼のアレンジ作品は、Studio Music CompanyとDe Haskeから出版されています。

彼の多くのアレンジは録音されており、詳細は彼のサイトの作品リストから見つけることができます。

以上、バイオグラフィーでした。


最新情報の前に、主な吹奏楽オリジナル作品の中から、動画または参考音源があったものを紹介します。

▼At The Splash with Sim

▼Baile de Gitano (Gipsy Dance)

▼Cloud Drift

▼Defrost the Fridge

▼High Spirits

▼Just as you are

▼Leading Edge

▼Pagan Ritual

▼Pavan: Sicut Aquilae

▼Principio

▼Retrograde Inversion

▼Shining Sword

▼Sinfonietta

▼Spider Legs

▼Spirit of the Dance

▼Tiptoe Tune


続いて最新情報です。

先週、「Scarlet and Gold」と「In Flanders Field」の録音がリリースされました。

王立北部音楽大学ウインド・オーケストラ(Royal Northern College of Music Wind Orchestra)のCD「Great British Music for Wind Vol.22 – From the Depths of Time」に収録されています。

「Timepiece」と「Just as you are」はイギリス空軍セントラル・バンドによって録音され、CD「Music in the Air」に収録されています。「Just as you are」と「Spider Legs」は最後に収録されましたが、「Spider Legs」はTradewindsのサンプラーに回りました。

「Kyrie」は最新のTradewindsのサンプラーにエドワード・グレッグスン氏の「ロウデート・ドミナム変奏曲」のトランスクリプションとともに収録されています。

「Majesty」は、2016年6月10日金曜日、女王陛下の90歳の誕生日を記念して、聖パウロ大聖堂で演奏されました。

新しいアレンジには、アダージョ(マルセロ)、シチリアーノ(バッハ)、ヘンデルの「王宮の花火のための音楽」のバンドのための完全版が含まれます。

6月にロンドンのホース・ガーズ・パレードで開催されるビーティング・リトリート(Beating Retreat)で、新しい委嘱作品が初演される予定です。

現在、次の「Great British Music for Wind」のCDに収録される作品に取り組んでいるところだそうです。

いかがでしょうか。

YouTubeの動画を見て(聴いて)いただければ、素敵な作品がいっぱいあるなあ、と感じていただけるかと思います。

輝かしい経歴もさることながら、作曲家としては現在のイギリスの作曲家の中でもベテランとして熟してきたような感じがしますので、是非チェックしてみてください。


関連CD

■吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.17~スピリット・オブ・ザ・ダンスSpirit of the DanceGreat British Music for Wind Band Vol.17【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:33時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.21~地平線の神秘Mysteries of the HorizonGreat British Music for Wind Band Vol.21【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:34時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.13~モザイクMosaic Great British Music for Wind Band Vol.13【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:35時点)

【セール品】スウォード・オブ・オーナー オランダ王国陸軍バンド“ヨハン・ヴィレム・フジョー” Sword of Honour【吹奏楽 CD】

価格:1,500円
(2017/5/8 23:35時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.18~夢の伝説/アースライズLegacy of DreamsGreat British Music for Wind Band Vol.18【吹奏楽 CD】

価格:2,380円
(2017/5/8 23:36時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.19~大西洋を渡る鐘Bells Across the AtlanticGreat British Music for Wind Band Vol.19【吹奏楽 CD】

価格:2,380円
(2017/5/8 23:36時点)

■伝説のチャンピオン ミッドウェスト・ウィンズ We Are the Champions【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:37時点)

■吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.15~子供の頃の情景/エルガー・ヴァリエーションScenes from ChildhoodGreat British Music for Wind Band Vol.15【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:37時点)

ロイヤル・エア・フォース~シンフォニエッタ すばらしきヒコーキ野郎たち 永遠の光の賛歌 Sinfonietta The Central Band of the Royal Air Force【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:38時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.20~ローマン・トリロジーRoman TrilogyGreat British Music for Wind Band Vol.20【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:38時点)

吹奏楽グレート・ブリティッシュ・ミュージック Vol.14~ウィンド・ボーンWind BorneGreat British Music for Wind Band Vol.14【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/5/8 23:39時点)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る