広上淳一氏が初めて「アルメニアン・ダンス」を指揮!広島ウインドオーケストラ第47回定期演奏会(2017/5/27:JMSアステールプラザ)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 36 秒です。

2017/5/27、広島ウインドオーケストラ第47回定期演奏会(ふるさとドネーションシート対象公演)が開催される。

公演詳細は以下の通り。


広島ウインドオーケストラ第47回定期演奏会の聴きどころ

今や広島ウインドオーケストラのレギュラー客演指揮者筆頭格、広上淳一。その燃えるような指揮はまさに音楽の塊。3度目の共演は、エスニックでモダンなサウンドが爆発する異色の舞曲集です。

ダナ・ウィルソンの《新世界の踊り》は、コロンブスの新大陸発見の旅に思いを馳せ、ラテンアメリカ音楽のテイストをベースに妖しくうねる音楽が、さまざまな文化や音楽語法の出会いと融合をダイナミックに表現。
ベルギーの人気作曲家ヤン・ヴァンデルローストの《プスタ》は、チャールダーシュに代表される、いわゆるジプシーの舞曲を主題とした組曲。民謡風の旋律を持つゆるやかな舞曲と速い舞曲が交錯し、愁いと情熱の対照も鮮やかに、どこか懐かしい楽しさがあふれます。

高昌帥の《コリアン・ダンス》は、文字通り韓国の伝統的リズム「チャンダン(長短)」と古い民謡を西洋音楽の形式を用いて構成した力作で、聴く者を興奮させずにはおかない独特のパワーと終盤の熱狂的な盛り上がりはさすが。

日本作曲界の重鎮であり、世界の民俗音楽に精通した間宮芳生の《ベリーを摘んだらダンスにしよう》は、フィンランド西部の民俗舞曲をモティーフとした洒落た逸品。透明な響きと軽やかな輪舞は、澄んだ空気や青空、花咲く野に踊る人々の姿を思わせます。1994年度全日本吹奏楽コンクール課題曲という肩書を離れ、日本の優れたレパートリーとして味わってください。

そして、現代吹奏楽の傑作にして定番、アルフレッド・リードの《アルメニアン・ダンス》全曲。広上がこの曲を指揮するのはもちろん初めて。名指揮者の手によって、耳慣れた名曲が新たな輝きを放つに違いありません。

さあ、広上淳一と、レッツ・ダンス!


<ふるさとドネーションシート対象公演>
広島ウインドオーケストラ第47回定期演奏会
2017年5月27日(土)
14:00開演(13:15開場)
JMSアステールプラザ 大ホール (広島市中区加古町4−17)

指揮:広上淳一
<プログラム>
ウィルソン:新世界の踊り
ヤンヴァンデルロースト:プスタ~4つのジプシーダンス
高 昌帥:コリアン・ダンス
間宮芳生:ベリーを摘んだらダンスにしよう
A.リード:アルメニアン・ダンス(全曲)
指定席:¥3.800(当日¥4.000))*指定席は、事務局のみでのお取り扱いになっています。Tel:080-1647-5951
自由席:一般¥2.800(当日¥3.000)学生¥1.800(当日¥2.000)
チケット取扱所:広島アーツ楽器、 エディオン広島本店本館8Fプレイガイド 、
チケットオンラインサービス:Confetti (カンフェティ)※PC、スマートフォン、携帯対応

お問い合わせ:広島ウインドオーケストラ事務局TEL.080-1647-5951 FAX.082-815-6818
ホームページ:http://h-wind.com/


関連記事

「愛好家にしか通じない言葉ではなく、一般の方にも通じる言葉で」 インタビュー:広島ウインドオーケストラ統括プロデューサー 荻原忠浩さん

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る