江原大介氏への委嘱新作も!佐野功枝 サクソフォン夜話~その楽の音は、神への贄となりうるのか~(2018/5/11:東京 アーティストサロン Dolce)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 14 秒です。

東海地方を中心に活躍するサクソフォーン奏者の佐野功枝氏が、ピアノの弘中佑子氏、笙の中村華子氏とともに東京でリサイタルを開催する。

氏の東京での単独公演は今回が初となる。

江原大介氏への委嘱新作「スターリットナイト~テナーサックスと笙のための」のほか、古来、音楽は神への捧げものだったと言われている事から発想を得たプログラムとなっている。

公演詳細は以下の通り。


佐野功枝 サクソフォン夜話~その楽の音は、神への贄となりうるのか~

日時:2018年5月11日(金)開場18:30 開演19:00

会場:アーティストサロン Dolce

チケット:
前売り・一般 3,000円
前売り・学生 2,000円
全席自由 当日共に500円増し

出演:
サクソフォン 佐野功枝
ピアノ 弘中佑子
笙 中村華子

プログラム:
野田燎:MAI
石田正:砂山-藤若に寄せて- (編曲委嘱新作)
伊藤康英:「ツヴァイザムカイト」への補足的一章
江原大介:スターリットナイト~テナーサックスと笙のための(委嘱新作)
吉松隆:サイバーバードより 悲の鳥
P.スウェルツ:ウズメの踊り

※プログラムは変更される場合がございますのでご了承ください。未就学児のご入場はご遠慮ください。

お問い合わせ・チケットご予約
ツキヤレーベル
Mail:tukiyasax@yahoo.co.jp

主催 ツキヤレーベル
後援 日本サクソフォーン協会、愛知県立芸術大学音楽学部同窓会

【チケット取り扱い】
ツキヤレーベル(tukiyasax@yahoo.co.jp
ドルチェ楽器 03-5909-1771

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア