【コラム】テューバ吹きがユーフォニアムを練習するのは良くないのでしょうか?

テューバ吹きの学生さんから、質問を頂きました。


学生さん:

チューバ吹きがユーフォニウムを練習するのは良くないのでしょうか?

僕は部活でチューバをしているのですが、チューバは持って帰れないので、

ユーフォを持って帰って練習しようと思っているのですが、良くないのでしょうか?

いしかわ:

テューバ吹きがユーフォニアムを練習することについて、それ自体はマイナスになるとは考えていません!

僕自身もレッスンの時にユーフォニアムを吹いたりしてそこから学ぶことも有ります。

ただ、時と場合によるかもしれません。

テューバとユーフォニアムはマウスピースの大きさ、管の長さは違いますし、
同じ楽器ではありませんね。

ということは、少しずつ筋肉や息の使い方は繊細に変わっているはずです。

「テューバが吹けない代わりにユーフォニアムを練習する」

ということでしたら、
テューバ自体の練習になるかどうかは何とも言えません。

でも、音楽をすること自体の練習にはなると思います。

例えばテューバの練習をしたいけど楽器が無い時に、

楽譜を見て歌ったり、リズムについておさらいしたり、
フィンガリング(運指)について丁寧に確認をしたり、
マウスピースで演奏してみたりと、

色々と出来ることがあるかもしれませんね。

学生さん:

なるほど、詳しい説明ありがとうございます。

では、ユーフォニウムを練習する事で
プラスな事とはいったいどのような事でしょうか?

いしかわ:

学生さんは吹奏楽部ですよね。

例えば、ご自分のテューバのパートをイメージしながら
ユーフォニアムのパートを吹いてみたり
その曲の主旋律を吹いてみるのはどうでしょう?

曲の全体像、音楽がよく分かると思います。

学生さん:

なるほど。ありがとうございます。


色んな楽器を演奏してみることで
結果的に自分の楽器のことがよく分かる、
僕もそんな経験をしたことがあります。

チャンスがあったら挑戦してみるのも良いかもしれませんね!


※この記事の著作権は石川佳秀氏に帰属します。


石川佳秀氏 プロフィール

千葉県松戸市出身

小学校、高校と吹奏楽部でテューバを担当した後
尚美学園大学、芸術情報学部、音楽表現学科に進学

在学中は、安元弘行、佐野日出男、荻野晋、故仲村淳の各氏にテューバを
後藤文夫氏に室内楽を師事

大学卒業後は千葉県のテーマパークにてスーザフォン担当として出演する傍ら、
フリーランス?ミュージシャンとして幅広いジャンルでの演奏活動を行う

また後進の指導にも力を入れており、アレクサンダー・テクニーク教師資格を2017年5月に取得
地元松戸市や千葉県内外に関わらず、小学生から大人までレッスンや吹奏楽の合奏指導を行う

及川音楽事務所第23回新人オーディション合格
2012年草加市演奏家協会クラシック音楽オーディション合格、演奏会員

ブリランテ・ウィンド・アンサンブル、テューバアンサンブル「ルート5」、「TUBA PARKs」メンバー

ブログ
ツイッター
Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア