「国際化は非常に重要」 作曲家マンチン・ドナルド・ユー氏(Man-Ching Donald Yu:余文正)インタビュー

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分 55 秒です。

donald-yu-big-new2

以前にWind Band Pressでもご紹介した香港の作曲家・ピアニストのマンチン・ドナルド・ユー氏(Man-Ching Donald Yu:余文正)にメールインタビューを行うことができました。

ユー氏についてはこちらの過去記事を参照

また、原文の英語も日本語版の後に併記しますので、英語で直接読みたい方はそちらでお楽しみ頂けます。

※誤訳等ございましたらこちらのフォームからお知らせいただければ幸いです。


1. 作曲家になろうと思ったきっかけを教えてください。

私は18歳で作曲を始めました。その時から、私は作曲家になりたいと思っていました。

10歳でピアノを弾き始め、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなど、さまざまな作曲家のさまざまなスタイルの音楽を聴き始めました。

私は彼らの後に続いて作曲家になる道を歩むことに決めました。

若かった頃の私を刺激した作曲家は、本質的には歴史上最も偉大な作曲家であるモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトです。

私が作曲した最初の作品はピアノソナタであり、それは新古典主義のスタイルです。私は2000年からしばしばこの作品を公演で演奏しました。

2.「Heavenly Justice」は現在唯一の吹奏楽作品です。この曲を作曲した背景(または理由)を教えてください。

現代中国の芸術家、Zhang Guanghaiによって制作された絵「Heavenly Justice」に触発されました。

この作品は、様々なポスト調性音楽の技法を使用して、劇的でコントラストの強い色と曲線と歪んだ線が特徴的な、絵の特徴を音楽にマッピングすることによって、音楽的芸術のポストモダンのオリジナリティを探求することを目的としています。 作品中の音楽素材の密度は、絵画に提示された活気のある線と抽象的なテクスチャの要素を象徴しています。

Zhangは、中国の芸術の伝統をインク、線、色で再定義し、自己と社会の見解を反映した一連の絵画を作っています。

静かで威厳のある彼の絵は、色が鮮やかで、懐かしい構図であり、テーマでは重要です。

この点に関して、私は、公共および地域社会につながった異なる音響効果を実験するために、様々な中国の要素を音楽に組み込むことによって、これらの独特の視覚芸術の特徴を翻訳したいと考えています。

3. 香港の吹奏楽事情(規模や人気作品の傾向)について教えてください。

香港には吹奏楽団と組織がたくさんあります。

若い学生の多くは、高校時代から香港で木管楽器や金管楽器を学んでいます。その後、音楽市場への需要があり、より多くのウィンド・アンサンブルが組織され、公共にコミュニティを提供しています。

大学でさえも、多くの学生が吹奏楽を専攻し、これらが交響楽団や吹奏楽団の重要な部分に貢献しています。

4.香港におけるあなたのポジションと評価、世界におけるあなたのポジションと評価について教えてください。

過去15年間に私の音楽はさまざまな国で演奏され、出版されてきました。私の音楽が異なる国の聴衆に公開されるためには、国際化は非常に重要です。

最近の2015年の初演(イタリアのミラノ・エキスポで行われた)のように、イベント中に音楽監督と主催者が中国の作曲家のコンサートを企画したなど、過去数年間には彼らの初演のために私に連絡を取った演奏家もいました。

したがって、私の音楽は国際的に異なるチャネルや企業を通じて販売されることが重要であり、他の組織は時間の経過とともに初演や委嘱などのために私にアプローチしてくるでしょう。

特定のスタイルやジャンルに限定されていないため、他の国の作曲家としての私にとっては、可能性は数多くあり、より多くのチャンスがあります。

一方、香港では、チャンスは小規模な町に限られている可能性があります。香港では、新しい音楽のチャネルが他の国と比べて少ないため、リソースが限られている傾向があります。

5.吹奏楽に限らず数多くの作品を作曲されていますが、作曲家として人生のターニングポイントとなった作品はどれですか?

どの作品、と言うのはかなり難しいですが、最初の交響曲は、私が今までに作曲した初めての大規模なオーケストラ作品なので、ターニングポイントになるでしょう。

曲は20分続き、私の過去のキャリアで吸収したさまざまな音楽体験が反映され、積み重ねられています。

この作品は2008年に作曲され、その後2010年にウクライナのプロのオーケストラによって初演されました。

私のオーケストラ作品が海外で初演される機会があったのはそれが初めてです。

後ほど、録音はAlbany Recordsによってアメリカで発売され、ポジティヴなレビューを得ました。

6.まだ吹奏楽作品は少ないですが、今後増えていく予定はありますか?

ええ、間違いなく。

私は吹奏楽のさまざまな響きを探求する可能性が数多くあり、将来的にはバンドのためにもっと多くの音楽を作曲したいと思うでしょう。

バンドのために書かれた伝統的なレパートリーはあまりないので、それゆえ、常に吹奏楽編成の中で新しい音を発見する実験的なものになるでしょう。

7.将来の目標を教えてください。

私の目標は、今後も国際的により普及し演奏される音楽を多く作曲し続けることです。

うまくいけば、より多くの人々が自分の作品を聴く機会を得ることができ、私の音楽を初演する機会を増やすことができます。

音楽の作曲は、作曲家が音楽に反映する本質的な真実と価値を求める科学研究とちょうど似ており、音楽は将来の時間と空間の現れによって人々の心を通じて会話し、影響を及ぼすことができるのです。


インタビュー・訳:梅本周平(Wind Band Press)


1. Why did you thought want to become a composer?

I started composing when I was at age of 18, and since at that time, I wanted to be a composer.
Actually I started playing piano first at the age of 10, and after being exposed to lots of different styles of music by different composers such as Mozart, Beethoven and Schubert, etc.
I determined to follow their paths to be a composer. The composers that inspire me when I was young are Mozart, Beethoven, and Schubert, who are essentially the greatest composers in the history. The first piece that I composed is a piano sonata, and it is in the neo-classical style. I often played this piece in public since 2000.

2. “Heavenly Justice” is currently the only work for wind ensemble. Please tell me the background (or reason) of composing this work.

Inspired by the painting “Heavenly Justice” crafted by the modern Chinese artist Zhang Guanghai. The piece aims to explore the post-modern originality of musical arts by mapping the features of the painting, which is characterized by dramatic and contrasting colors and curve and distorted lines onto the music by using various post-tonal musical techniques; the density of the musical materials in the piece would symbolize the vibrant lines and abstract textural elements presented in the painting. Zhang redefines the Chinese art tradition via ink, line, and color, and by constructing a series of paintings that reflect his views of self and society. Quiet and dignified, his paintings are vibrant in color, nostalgic in composition, and critical in theme. In this regard, I would like to translate these unique features of his visual arts by incorporating various Chinese elements into the music for experimenting distinct sound effects that is accessible to public and community.

3. Please tell me the wind music situation in Hong Kong (such as market size and popular work trends).

There are plenty of symphonic bands and organizations in Hong Kong. Lots of young students learn winds and brass in Hong Kong since high schools, and subsequently, there is demand for the music market, and more wind ensembles are organized developed for serving communities in public. Even in universities, many students major in winds and these contribute to the
important part of a symphonic orchestra and in wind band.

4. Please tell me about your position and evaluation in Hong Kong, your position and evaluation in the world.

My music has been performed and published in different countries in the past 15 years, and internationalization is very important for having my music exposed to audiences of different nationalities. Some performers did take initiative to contact me in the past years for writing music for them or premiere my music such as the recent 2015 premiere, which took place at Milan Expo in Italy, the music director and organizer organized a Chinese composers concert during the captioned event.
Thus, it is important to have my music marketed through different channels and companies internationally, and other organization would approach me for premiere the music or even commissioned music as time goes on. There are more chances for me as a composer in other countries as the possibilities are numerous and not confined to specific styles and genres. In Hong Kong, on the contrary, chances are more confined in the small town, and resources tend to be limited in Hong Kong as there are lesser available channels for new music in comparing with that in different countries.

5. You composed as many works as not only for wind band, which work was a turning point in your life as a composer?

It is rather difficult to say which pieces, but the first symphony would be the turning point as it is the first large-scale orchestral work that I have ever composed in my career.
The piece lasts 20 minutes, and the music reflects and accumulates my different musical experiences that I have absorbed in my past career. The piece was composed in 2008 and later premiered by a professional orchestra in Ukraine in 2010. It is the first time that my orchestral work had a chance to be premiered overseas. Later on, the recording was published by Albany Records in US and has gained positive reviews.

6. There are still few of your wind band composition, but are you planning to increase in the future?

Yes, definitely. I would surely like to compose more music for band in the coming future as there are numerous possibilities to explore different sonorities in wind instruments, and there are less traditional repertoires solely written for band, and therefore it is always experimental and new to discover new sounds in band instrumentation.

7. Please tell me your future goals.

My goal is to continue to compose lots of music in the future which could be gained wider popularity in public internationally. Hopefully, more people can have chance to listen to my works, and more chances can be sought to premiere my music. Composing music is just similar to scientific research in which composers seek for ultimate truth and values in nature which reflects in music, and that the music can influence and speak through people’s heart by the manifestation of time and space in the future.

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア