【PR】「こんなアツいプログラム、WISH Windならではですよ!」 インタビュー:指揮者 甲斐誠さん~WISH Wind Orchestra第18回定期演奏会に向けて~

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 38 秒です。

 

2017年9月29日(金)に第18回定期演奏会を開催するWISH Wind Orchestra。WISH Wind Orchestraについてや、今回の演奏会の聴き所などについて、指揮者の甲斐誠さんにお伺いしました。


―本日は甲斐さんが音楽監督を務められているWISH Wind Orchestraについてお話をお伺いします。まず団の結成のきっかけからお伺いできますでしょうか。

10年前、わたしが大学1年の時でした。
「吹奏楽を研究したい」と思って同学年の有志が集まりました。

―甲斐さんから見て現在のWISH Wind Orchestraとはどのような特徴を持つ楽団でしょうか。

ものすごいエネルギーと、計り知れないポテンシャルもった団体です。
私たちにしか出せない音がある、と自負しています。

―特に近年ではYou Tubeでの課題曲や演奏会の映像配信が好評のようですが、これを始めようと思われたきっかけを教えてください。

実は狙ってやったというよりは、最初は記録だったのです。せっかくだから宣伝になるかとYouTubeにあげてみた。そう、いわゆる「演奏してみた」的なノリでした。笑

―9月には18回となる定期演奏会が控えていますが、今回のプログラミングのこだわりポイントを教えてください。

様々な編成のアメリカの作品を集めました。
ファンファーレ、ジャズバンドとのコラボ、そして吹奏楽。
同じアメリカ作品のなかで、サウンドの違いを存分に楽しんでいただけるかと思います。各所で光るWISH Windの魅力を感じていただけたら幸いです。

―WISH Wind Orchestraの今後の展望、または将来の目標などについてお伺いできますでしょうか。

様々な企画と共に公演を重ね、またここから10年、20-30年と吹奏楽の世界をリードしていく存在でありたいと思っています。
そのためにもプレイヤーそれぞれが“WISH Windとして”の研鑽を積み、みなさまの元へ音楽を届け続けます。それは、YouTubeの中だけでなく、時にはどこかのホールかもしれない、手元のCDかもしれない、テレビの中かもしれない。

―ご来場される方、またはご来場をご検討されている皆様に向けて、演奏会に先駆けてメッセージをお願いいたします。

こんなアツいプログラム、WISH Windならではですよ!
チケット好評発売中です!Webページからお申し込み可能となっております。
ウェブサイトはこちら
みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます。


インタビュー・文:梅本周平(Wind Band Press)


まとめ:

いかがでしたでしょうか。

現在、Wind Band Pressではチケットプレゼントも実施中です。締め切りは2017/9/14(木)までとなっております。
チケットプレゼントのページはこちら

▼関連記事
「日本における吹奏楽のあり方を変えたい」 インタビュー:指揮者 甲斐誠さん

まだ迷われている方には、今回はこんな2曲をご覧いただきましょう。

▼第16回定期より、フィリップ・スパーク ジュビリー序曲

▼第6回定期より、アルフレッド・リード ミュージック・イン・ジ・エアー


■WISH Wind Orchestraプロフィール

2007年、当時音楽大学に在籍の学生有志により創団。
定期演奏会は15回を数え、2012年の東北ツアーでは幅広い年代の観客動員で好評を博した。
震災後に行ったチャリティコンサートでは、寄付金を募り日本赤十字社へ寄付、神奈川新聞に掲載された。
また音楽鑑賞教室やレコーディング、各種公演と活動は多岐に渡り、
なかでも動画投稿サイトYouTubeで配信を行っている、
吹奏楽コンクール課題曲の参考演奏映像や各公演の映像は、大きな反響と人気を集めている。
オリジナル作品にフォーカスした、新進気鋭の若手プロフェッショナル集団。

■甲斐誠 氏 プロフィール

昭和63年東京都生まれ。埼玉栄高等学校卒業後、洗足学園音楽大学音楽学部に学ぶ。在学中より作曲家の伊藤康英氏やダグラス・ボストック氏の薫陶を受け、国内コンサートのみならず海外遠征のアシスタントを務めて研鑽を積む。
2011年シンガポールで開催されたインターナショナル・コンダクティング・ワークショップ3位を獲得。吹奏楽に造詣が深くオリジナル作品を得意とし、マイスターミュージックよりCDをリリース。“繊細で柔らかなサウンドで、端正な美しさは秀逸”や、“作品本来の姿を真摯に提示し、入り組んだテクスチュアを解析してみせる手腕も見事”と専門誌で評された。
現在、WISH Wind Orchestra音楽監督、よこはまチェンバーオーケストラ主宰、神奈川県立綾瀬高等学校吹奏楽部嘱託顧問、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会会員、各種コンクール審査など、管弦楽や歌劇はもちろん、とりわけ吹奏楽の世界での活動に期待が集まる若手指揮者である。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

No Responses