「幸福と楽しさをもってパフォーマンスすること」 ユーフォニアム奏者デヴィッド・ソーントン氏(David Thornton)インタビュー

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分 13 秒です。

ブラスバンド・ファンやユーフォニアム奏者なら知らぬ人はいないであろうイギリスのスター・ユーフォニアム・プレイヤー、デヴィッド・ソーントン氏(David Thornton)にインタビューをすることが出来ました。

こちらの記事も合わせてどうぞ:デヴィッド・ソーントン音楽監督就任、新メンバー加入などブリッグハウス&ラストゥリック・バンド(Brighouse & Rastrick Band)最新情報

また、原文の英語も日本語版の後に併記しますので、英語で直接読みたい方はそちらでお楽しみ頂けます。

※誤訳等ございましたらこちらのフォームからお知らせいただければ幸いです。


1.ユーフォニアム奏者になろうと思ったきっかけを教えてください。

私は8歳の時に演奏を始めました。最初の学校の金管の先生がレッスンに興味があるかどうかを尋ねるために私たちのクラスを訪れるようになった時です。

彼はすぐに私にユーフォニアムを与え、私はすぐに夢中になりました!

私はとても小さい頃からいつも音楽を聴いたり歌っていることが好きだったので、他の子供たちと一緒に演奏するという考えは私にとって非常にエキサイティングでした。

ほぼすぐに私は、他のユーフォニアム奏者の録音を聴き始めました。ボブ(ロバート)とニック(ニコラス)・チャイルズ、スティーヴン・ミード、そしてそれ以前の世代、ジョン・クラフ(1960年代初めから1988年のブラック・ダイクのソロ・ユーフォニアム奏者)、リンドン・バグリン(同じ時代だがフェアリー・バンド、ブリッグハウス、サン・ライフでプレイしていた)、トレヴァー・グルーム(同じ時代、GUSバンドのソロ・ユーフォニアム奏者)。

これらの録音は、私が今日自分自身を聴きたいというコンセプトを形作るようになった「ユーフォニアム・サウンド」の背後にある私の最初のアイデアを与えてくれました。

2.特に気に入っているユーフォニアム曲はありますか?

私はできるだけ幅広い種類のソロ・レパートリーを保つのが好きです。

私は新しい作品で自分自身に挑戦するのが好きですが、私は古くからのレパートリーをより伝統的な側面から演奏することも好きです。

これは、過去20年間、私の個人的なパフォーマンスのレパートリーは変わっていないことを意味します。しかしそれは確実により多くのオプションを持って成長しています!

おそらく私の好きな作品は、私が現在演奏の準備をしている作品であるという点で、多くのプロの奏者と同じでしょう。

ジェームズ・カーナウの「シンフォニック・ヴァリエーションズ」、ヘスス・サンタンドレウの「The Bestiarium of the Lost Dark Matter」、マックス・ブルッフの「コル・ニドライ(原曲はチェロ)」、ピーター・ミーチャンの「Origins Concerto」です。

3.バンドの中での奏者と、ソリストとしての奏者ではどのような違いがありますか?

これらの役割の間には多くの違いと同様に多くの類似点がありますが、ここではいくつかの考えを示します。

ソリストとしては、あなたのサウンドと様式の提示の投影が重要です。演奏を音楽的に導く必要があります。

退屈ではなく、音楽的なリスクを冒し、舞台に出た瞬間から舞台を離れる瞬間までの観客の注意をあなたのパフォーマンスに向けて引き寄せます。

バンドの中での奏者としても、これが当てはまることもありますが、仲間に注意深く耳を傾けて、サウンドとダイナミクスとスタイルを融合させることが不可欠な時がより多くあります。

アンサンブル・ミュージシャンにとって、効果的なリスニングは、良い音で演奏することや流暢なテクニックを使用することと同じくらい重要なスキルです。

あなたが注意深く聴かないのであれば、単純にあなたはバンドの効果的なパートにはなっていないということです!

4.輝かしい経歴をお持ちですが、ユーフォニアム奏者として人生のターニングポイントとなったのはいつだと思いますか?

私は何かポイントがあったとは思いません。私に言えるのは、それはユーフォニアム奏者としてのキャリアを追求しようと決めたまさにその瞬間であり、さらには過去30年間に渡り私を導いてきた機会と経験の集まりです。

早くから音楽学校に通ったのはとても幸運でした。音楽レッスンは日々の生活の一部であり、私は同じ興味と野心を持った若いミュージシャンに囲まれていました。

私は若い時から素晴らしい教師たちにも恵まれました。

私は12歳の時からビル・ミラーのレッスンを受けていました。

彼の練習と技術向上のためのルーチンのシンプルで明確な方法は、私自身の練習体制を形成する重要な部分であり、私の教えにも繋がっています。

私は16歳のときにスティーヴン・ミードの定期的なレッスンを受け始めました。

彼の気力、熱意と演奏は私に新しいレパートリーを探すように促し、これまで以上に多くのことを達成しようと常に力を入れました。それは確かに成功の大きな要因です。

また、学校や大学ではレッスン、ナショナル・ユース・ブラス・バンド、そしてボブとニック・チャイルズが指揮していた様々なバンドを通じて、彼らと多くのコンタクトを取りました、

キャリア、音楽制作、ソリストとしての演奏、バンドマンとしての演奏に対する彼らのアプローチは、若い奏者として、プロ奏者としての両方に常に大きな影響力とインスピレーションを持っていました。

要するに、私が文字通り最高のビジネス関係者の教育と経験から恩恵を受けたことは非常に幸運で、それは決して当たり前のことではなかったのです。

すべての若い奏者には彼らの「ヒーロー達」がいて、私は確かに私のヒーローがいましたが、私は独特であることを意識して努力しました。

私はできるだけ多くの情報を聞き取り、時間をかけてさまざまなコンセプト、アイデア、ルーチン、経験をミックスして、今日の私のキャリアやミュージシャンを形成したのです。

5.ブリッグハウス&ラストゥリック・バンドの音楽監督に就任しましたが、バンドとの相性はいかがですか?

ブリッグハウス&ラストゥリック・バンドの音楽監督として働くことは非常にエキサイティングです。

当初、それはかなり大変でした。彼らがバンドの136年の歴史を通して持っていたクオリティを維持する責務は大仕事です。

しかし、現在の奏者たちの純粋な能力と音楽的精神は、一緒に働く喜びを証明し、先々コンペティションの分野とコンサート・ステージの両方で成功するだろうと私は確信しています。

デイヴィッド・キング教授ともう一度一緒に仕事をすることも本当に嬉しいことです。彼は私自身のキャリアに長い間影響を与えてきました。彼の中毒性の高い独特の音楽作りは素晴らしいものです。

6.今後は指揮者としての活動も増えていくのでしょうか?

それは間違いなく計画にあり、私はここ数年間フリーランスの指揮者として忙しいですが、ブリッグハウス&ラストゥリック・バンドとの公演によってもたらされた露出とプロモーションが追加され、イギリスと海外の両方でより多くの指揮を行う予定です。

7.日本のファンにメッセージをお願いします。

すべての年代と標準的な奏者への私のメッセージは、音楽を演奏し続けること、すべての前で幸福と楽しさをもってパフォーマンスすることです。

私の最も成功したパフォーマンスは、私が最も笑顔になるものでした!

また、私はこのインタビューで「インスピレーション」という言葉を何回か使用しました。これは、私がどの奏者にも探してみることをアドバイスしたいことです。

インスピレーションは、あなたが時々気分が乗らない時にも練習する気を起こさせ、あなたが確信を持っていない時にもあなた自身を前に進ませ、あなたの音楽生活にとっての大望を形作るのです。

 


インタビュー・翻訳:梅本周平(Wind Band Press)


 

1. Why did you thought want to become a euphonium player?

I started playing when I was eight years old when the brass teacher at my first school came to visit our class to ask if anyone was interested in having lessons. He immediately gave me a euphonium to try and I was hooked from then on! I’ve always liked listening to music and singing from a very early age, so the idea of being part of performances alongside other children was very exciting for me. Almost straight away I started listening to recordings of other euphonium players, Bob and Nick Childs, Steven Mead as well as some of the previous generation ? John Clough (Black Dyke’s solo euphonium from the early 1960’s until 1988), Lyndon Baglin (same era but played with the Fairey Band, Brighouse and Sun Life) and Trevor Groom (similar era ? solo euphonium with GUS Band). These recordings provided my first ideas behind what a ‘euphonium sound’ really was and started to shape the concept of how I want to hear myself today.

2. Are there euphonium works that you particularly like?

I like to keep as wide a variety of solo repertoire as possible. Even though I like to challenge myself with new works, I also like to perform repertoire from the older, more traditional side. This means that over the last twenty years my personal performance repertoire hasn’t changed as such, it has certainly grown to have more options though!! I’m probably the same as a lot of professional players in that my favourite pieces are often the works I am currently preparing for performances which at the moment are: James Curnow ? Symphonic Variants; Jesus Santandreu – The Bestiarium of the Lost Dark Matter; Max Bruch – Kol Nidrei (originally for cello); Peter Meechan ? Origins Concerto.

3. What is the difference between the player in the band and the player as the soloist?

There are many similarities between these roles as well as many differences, but here a few thoughts:

As a soloist, your projection of sound and stylistic statements are paramount, you must musically lead the performance. Never be boring, take musical risks, draw the audience’s attention towards your performance from the moment you walk on stage to the moment you leave it.

As a band player, there are also times when this applies, but there are many more times when it is essential to carefully listen to you colleagues and achieve a blend of sound, dynamic and style. For the ensemble musician, effective listening is as important a skill as playing with a good sound and using fluent technique. If you don’t listen with great care then you are simply not being an effective part of the band!!

4. You have a brilliant career, when do you think it was the turning point of life as an euphonium player?

I don’t think there was any one point that I can say was THE moment when I decided to pursue a career as a euphonium player, more a collection of opportunities and experiences that have led me down the path of the last thirty years.

I was very lucky from an early to attend a music school where music lessons were a regular part of daily life and I was surrounded by young musicians who had similar interests and ambitions to me. I was also blessed with fantastic teachers from a young age. I had lessons from age 12 with Bill Millar. His simple and clear way of practising and developing technique routines have been a key part of forming my own practise regime and followed on into my teaching too. I started having regular lessons with Steven Mead when I was 16. His drive, enthusiasm and playing inspired me to find new repertoire and to constantly push myself to achieve more than I had previously, and that is certainly a major factor in being successful. Also during school and University I had lots of contact with both Bob and Nick Childs, through lessons, the National Youth Brass Band and being conducted by them both in various bands. Their approach to careers, music making, playing as a soloist and playing as a bandsman have always been a major influence and inspiration, both as a young player and a professional.

In short, I have been extremely lucky to have benefited from the teaching and experiences of the literally the best people in the business and have never took that for granted. Every young player has their ‘heroes’, and I certainly had mine, but I also made a conscious effort to be an individual. I listened and took in as much information as possible and over time I have mixed the various concepts, ideas, routines and experiences to form the musician and career I am and have today.

5. You became the musical director of Brighouse & Rastrick Band, how is your compatibility with the band?

It’s very exciting to be working with B&R as their musical director. At first it was rather daunting, the responsibility of maintaining the quality they’ve had throughout the band’s 136-year history is a big job. But the sheer ability and musical spirit of the current cast of players has proved a joy to work with and I’m confident that the time ahead will be successful both in the competitive field and on the concert stage. It’s also a real pleasure to be working with Professor David King again, he’s been a direct influence on my own career for a long time now and his addictive brand of music making is fantastic to be part of.

6. Will you increase your activities as a conductor in the future?

That is definitely the plan, I’ve been busy with freelance band conducting for some years now, but with the added exposure and promotion that performances with Brighouse & Rastrick brings, I seem to be doing more and more conducting both in the UK and abroad.

7. Please give your message to your Japanese fans.

My message to players of all ages and standards is to continue to play music and give performances with happiness and enjoyment at the front of everything. My most successful performances have been those where I smile the most! Also, I have used the word ‘inspiration’ several times in this interview and this is what I would advise any player to try to find. Inspiration drives you to practise when sometimes you don’t want to, it drives you to push yourself when you’re not certain and it forms your ambitions for your musical life.

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

No Responses